UA-175808163-1

2020年08月31日

ソロギターが上手い!と思われるポイント2つ

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日も猛暑日、ちょっと外出する用事があって
外にでたら暑さでクラクラきました。

今週はかなり大きい台風9号が沖縄、九州に
影響を及ぼしそう、関係地の方は備えを急いで

ソロギターみなさん楽しんでおられますか?
暑いと中々弾くのも汗かくしね

41yu4RXGSNL.jpg

そうそう、こないだからクラシックスタイルで
弾くようになって支持具をつかってるんです
ゴムの吸盤で付けるやつ
装着してしばらく外さずにいたらゴムの後がくっきり

これってもう取れないらしいですね
ゴムの吸盤のものは弾いたあとに外す
これ鉄則だそうです、私不精なもので
そのままにしてました^^

使われる方は気を付けて!
え?そんなの常識じゃないか!ですか(;^ω^)

さて、今日は偉そうにソロギが上手いと思われるには
なんてことを書いてますが、これ支持具を外すくらい
当然のことかもしれません。

最近は伊藤賢一さんの曲をメインで
練習しているので以下の2つを特に気にして
弾くようにしております。

こんな拙いブログを読んでもらっているお礼に
伊藤さんのレッスン会の時の動画です




私、思うに次の2つに集約されるかなと

一つは「リズム」

これも当たり前ですよね、曲の中でタメを付けるのに
わざとリズムをずらすのは別にして
やはり、一定のリズムを保つだけでも上手く聞こえる
とおもうわけです。

でも、このリズムを一定に保つって
思ったほど簡単じゃないですよね

メトロノームを常に使っていないと
どうしても自分のリズムで弾いてしまう。

そうすると、大概は走るんですよね^^


もう一つは「音を切らさない」

これも当たり前ですが、結構意識しないと
押弦している指を離してしまって音が切れる
ってことあると思います。

特に主旋律を奏でている時に
伴奏の部分に気が行ってしまって
あるいは
主旋律自体気にせずTAB譜通りに弾いてしまって
ブツ切れの音になってしまう。

はたまた、ベースになる部分 楽譜では音符の
長さで示されているのに気にせず指を離してしまう

どの音を鳴らして次の音につなげるか
または、その音を消音するかに気を付けて
弾くだけでこれ不思議とと〜っても上手く聞こえるんです

え?そんなの知ってる?ですか^^

ですよね、でもそのあたり特に初心者の人は
気が付かないというか、気にしていないというか
TAB譜だけを頼りに弾くとそうなっちゃてるかも??

どなたかの曲をコピーして弾いていて
ご本人の演奏と合わせて弾いてみるとどこか
違って聞こえるんだけれど・・・
なんて思われてる人は再度じっくり楽譜を見て
曲の構成を確認してみるのも良いかも(^▽^)/

なんてことで、当たり前のことだけど
結構簡単そうで簡単でないかもと思う
下手の横好きおやじでしたm(__)m







posted by アラフィフおやじ at 13:47| Comment(2) | ソロギター上達のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ