UA-175808163-1

2020年08月02日

Andrew York

ソロギすきのみなさん
こんにちは!

関東も梅雨明けでいよいよ夏本番
熱中症には気をつけて

家の中でもギター練習でも
気をつけたいものです

さて、今日のお題は「Andrew York」

え?ご存じでしたか!

それはすごい!
って知らなかったのは私だけ?

詳しくはWikipediaでどうぞ

最近ギターの構えもクラシックスタイルに
ナイロン弦も良いなと思うこの頃です。

しかし、従来のクラシックギターといえば
「ソル」や「カルカッシ」と堅苦しく
教室も何か敷居が高いと感じてね
(いえ、別に対象に不義理をした訳ではないけれど^)

とことが、最近 Andrew Yorkという方の
演奏を聞いて なんと! と久しぶりに凄い!
と感じる曲に出会ったのでした。


それがAndrew York氏の「Home」
なんだか私Homeに弱いのかも

初めてこのギターのサウンド、演奏に弾き込まれたのも
竹内いちろさんの「Go Home」

何かHomeに関わるサウンドに望郷の念にかられのでしょうか

クラシックギターで奏でるこんなメロディアスな
現代風サウンドに一気に弾き込まれました。

ネオクラシックなんて書くと叱られるかもですが

最近では従来のクラシック界の方もAndrew York氏の
曲をカバーする方も増えてきているとか?








posted by アラフィフおやじ at 10:17| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ