UA-175808163-1

2020年07月26日

440Hzと432Hzを感じてみて下さい

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

梅雨最後の雨でしょうか
今も降り続いて憂鬱になりますね

432.jpg

さて、そんな気分を払拭する一助?には
ならないでしょうが440Hzと432Hzの聞き比べです^^

先日のブログに書きましたように
今現在はおやじ432Hzにレギュラーチューニングを
合わせてギターを弾いております。

432Hz 癒しのサウンド チャクラのサウンド
いつも聞いていると特に違和感は感じないのですが
440と弾き比べると あぁ なるほど 聞いた後の
心に残る余韻は確かに違いがあるなと思うのです。

今回は伊藤賢一さんの「solitude」のエンディング
部分を録音してみました。

なぜ「solitude」何故エンディングかといいますと
まず伊藤さんの曲は落ち着いたメロディアスな曲調であること
そして、エンディング部分はローポジションからハイポジションまで
音の高低が明確で聞き終わった後の印象がはっきりするかなと
言うことで選んでみました。

演奏の拙さで聞く気にならん!というのは
この際ご容赦願えれば幸いです

単音を追いかけて聞いてもらうと あれ?同じじゃないのか?
と思われるかもしれませんが、曲から受けるイメージだけを
感じてもらえると聞き終わった時点で確かに違うなと感じて
もらえるかなと思っております。

使用ギターは大屋健氏のアディロン、メイプルのモデルFです

さて、聞いて下さる方にどのように伝わるでしょうか

440Hzと432Hz
あなたにはどちらのほうが好みでしょうか?

いつものように音にリバーブ等の加工はしておりません。

まずは一般的な440Hzからどうぞ





続いて432Hzです




最後までお付き合い今回もありがとうございました(^▽^)/

posted by アラフィフおやじ at 11:58| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ