UA-175808163-1

2020年07月15日

指板に吸い付くような左手の運指

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今朝、庭からセミの声が
いよいよ梅雨明けも近い?

ギターにとってはあまり嬉しくない
暑い汗の季節がやってきますね。

guitar_hikigatari_woman.JPG

さて、今日のお題は左手の運指

ソロギを弾く人は左手で弦を押さえる
そんなこと当たり前〜当たり前体操〜
でしょうね。

プロの人の演奏を見るにつけ思うこと
左手の指が指板に吸い付くように正確に
動いているなということ。

自分自身が指弾きをするときに
指が迷うことなく指板に吸い付くように
動かせているか?と言うととてもそこまで・・

きっとプロの人は何かしらそうなるまでに
指の動かし方を会得しているはずと
先日のレッスン会の時にお聞きしてみました。

そうすると、やっぱり あるんですね!

この運指の練習を半年我慢してきちんと練習すれば
きっと指板に吸い付くような運指ができるようになりますと

なるほど、そういうことか!

やはりレッスン会でしっかり習えることは
とてもありがたいことだと思うのでした。

その運指のメソッドを理解して
練習し始めて10日ほど、でもなかなか思い通りには・・

今まで長い間、指弾きの練習もしてきたのに
何故に出来ないと?と必死になってやってます。

ほんと、きっと皆さんもやってみると
あれ?なんで出来ない?となることでしょう^^

で、そのやり方は?ですよね
でも、これ私が半年実際にやってみて
本当に吸い付くように指が動いたら皆さんにも
そのメソッドを公開したいと思います。

半年後お楽しみに(^▽^)/


posted by アラフィフおやじ at 11:55| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ