2020年02月21日

全くの初心者がギターを弾けるようになるまで その1

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

ここ最近はコロナで持ちきりです
みなさんはダイジョブですか?

マスクもない消毒液もない困ったものですが
どうぞご自愛くださいますように

今日からしばらくソロギとは違いますが
全くギターを触ったことがない人が
コードを押さえられるところから弾き語りまで
どのくらいで出来るようになるものなのか
実際にギターの練習をしてきたひろちやん
のことを例に書いてみたいと思います。

IMG_20191117_160334.jpg

彼女との出会いは仕事先でのこと
こんにちは、よろしくお願いしますと
ひろが挨拶してくれたのは5年以上前のこと


初めての人でもまったく壁をつくらない性格で
前からの知り合い?かと思うくらい人懐こい性格

担当の方から、この子ちょっと馴れ馴れしい所があって
申し訳ありませんとフォローされる始末

入社2年目くらいで話を聞いているうちに
自分の娘と同い年だと知る、そのうえ大学も同じだ

G社のひろって子お前と同じ学校の出身で同い年だってと、
帰って娘に話をしたのを今でも覚えている

そんな彼女がギターを弾くなんてあの頃思いもしなかった。

それから何年かが過ぎたまたま山歩きの話題で
ひろも山が好きとのことで何度か一緒に山に
出かけることになり社外でも交流するようになる。

しばらくして定例のオフ会が開催される少し前、
今度ギターの集まりがあるけど覗いてみる?
と聞くと 「行きたい!」と即答

へぇ〜 山以外にギターにも興味があるのかな?
まぁ、人懐こさのなせる返事かと でも
当日に見知らぬおじさん連中に囲まれて大丈夫かと
心配するも杞憂に過ぎなかった

物おじしないひろはオフ会で皆さんと楽しく話をして
それぞれが弾くギターに目を丸くしてスゴイの連発

ギター触ったことは全くないらしいけれど持ってみる?
え?良いんですか?
と初めて持った感想が、結構重いんだ!だった。

当然初めて持ったわけで、弾けるわけもなく
簡単なコードを一つ教えてあげてジャラーンと弾いて
音が出たことに感激したらしい。

会が終わって帰り道、私ギター練習したら
弾けるようになりますかね?と

あらま、ギターに興味をもってくれたのかな
そんなわけでオフ会も盛り上がるなと思い、
大丈夫練習すれば弾けるようになるよと
期待半分で返事をする

じゃぁ今度練習でもしてみる?と聞くと
ひろはニコニコしながら二つ返事で「ハイ」って

でもきっと最初だけだろうなと思いながら
次の練習の約束をしたのが2か月半前のことだった

続く

posted by アラフィフおやじ at 13:53| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ