UA-175808163-1

2020年01月20日

友の三回忌

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

人はいつか天に召される運命
それでも人生これからの年齢で旅立つのは
やはり辛いものです

ギターという趣味の世界で知り合って
つながりが深かっただけに今でも
やぁ、こんにちは と訪ねてきてくれるんじゃないかと
思ったりするわけです

昨日はその友の三回忌
久しぶりにギタ友のIちゃんと彼の家を訪ねてみても
そこに漂う空気感はいまも変わらず、
いつも座らせてもらっていた椅子に腰かけて
しばし彼の遺影と話しをしてみる

彼が生前大事にしていたギターが何本かある
その中で特に思い入れのあったギターが
大屋ギターとローデン・ベンスーザンモデル

大屋ギターは彼がIちゃんに託して今も大事に
弾き継がれている。
そしてローデンは彼の宝物として大事に
彼のそばに置いておくことに

その他に数本のギターがあったが
その中で1本は私の学生時代に買ったヤマハのFシリーズ
じつは、すっかりその存在もわすれていて
随分な状態だったので彼にナットとサドルの作り直しを
頼んでいたものだった。
元気な時に調整すると言ってくれたが叶うことなく・・

そして、2本はD-28とクラシックギター
そのクラギはいつかクラシックギターも習ってみたいと
彼が手元に残していたもの

ルシアー 黒田義正氏のモダンギター
そのギターを弾かせてもらった


私はクラシックギターを弾いたことがない
練習用にエレガットは持っているが・・

へたくそなおやじのピッキングでもちゃんと
優しい音色に深い響きで反応してくれた
その響きは彼の優しさと同じに思えた

IMG_20200119_155122.jpg


posted by アラフィフおやじ at 13:16| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ