2020年01月11日

早瀬ギター サドル調整「前」と「後」

ソロギすきのみなさん

こんばんは、おやじです

やっぱり気になって今しがた急遽
早瀬ギターのサドルを調整した音を録音してみました。


IMG_20200109_084651.jpg

wavなら更にわかりやすいのでしょうが、こちらはmp3のUPになるので
その点ご了承いただいて圧縮の音源ですが、それでもその差はわかると思います。
一度聞いてみてください


まずは調整する前の音





こちらが底面調整後の音





いかがだったでしょうか
やはり底面がフラットになるとかなり発音が明瞭になっているとおもいます。

一枚皮がめくれたように音が明瞭になっているのとバランスが
取れている音になっているのではないでしょうか。

特に和音の所では低音の抜け感がグッと変わって
曇った感じはないように音が聞こえるかと思います。

ギターは本来のポテンシャルを発揮するためにも
調整は欠かせないなとまたまた感じた次第でした。

posted by アラフィフおやじ at 21:19| Comment(10) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サドルの底面を調整してみる

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日も暖かいですねぇ
外で日光を浴びるともう春かしら?
と思うくらい暖かい^^

さて、ギターの音でポイントとなるのに
サドルがあるのは皆さんご存じの通りかと

早瀬さんのギターを弾いて1週間ほどになります
その間、ご本人とあれこれ質問をさせてもらい
TOPをこのギターは薄くそして塗装も薄くしている
とのことを聞きました。

ご存じの通りTOP板が薄いと厚いものより
鳴り始めが早いのですが、巻き弦の音に3.4弦が
まだ開けていないと書いていた通り少し気になっていました。

これから開いていけばとおもったのですが
ちょっと気になってサドルを確認してみました。

7.jpg

このサドル、購入したショップで弦高を下げてもらう
加工をしてもらったのですが、サドルの底面をみると
???フラットが出てない?のでは?と

鉄の定規の上に乗せて光を透かすと洩れがある
ん〜これではなぁと素人おやじ底面のフラット出しをする(^▽^)/

紙やすりは400番から4000番まで揃えているので
早速手持ちの鉄やすりを治具にして底面出しをしてみた。

若干両端に隙間がありそうなので、キチンと揃うように

力の入れ具合で斜めになるのを気を付ける

弦高調整6.jpg

こうなると元も子もない

一応素人目になんとかフラットになった?(と思う)ので
セッティングして音を鳴らしてみた。

お!音拾ってる?かも?
そうなんです、巻き弦の出音が変わったのは確か

ちょっとしたことで音の損失があるのがサドルかもしれません。

また、録音して音の出方比べてみます。


posted by アラフィフおやじ at 15:14| Comment(4) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ