2020年01月09日

ギターのポテンシャルと成長

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

昨日はすごい風でしたねぇ
台風かと思うくらい


今日はNewギターも来たことですし
ギター本体のお話をひとつ

アコギってバッキング用に使うのと
ソロギターに使うのとは少し違いがあると
おもっているんですが、もちろん両方に
使えないことはないんですけども

例えば歌物なら自分としてはマーチンだと
歌の邪魔しないD-35が良いなと思う

ソロギター弾いてるプロの人を見てもマーチンでって
人いないのをみるとやはりそれはそれに特化したのが
いいってことかしらと。

さて、じゃあソロギターに特化したって言っても
生音勝負っていうのとラインで音を作ってというのでは
これまた違うのかもと思ったり。

ラインで音を作るなら倍音やサスティーンが付きすぎると
加工しにくいので、ある意味そっけない音(語弊があるか^^)
の方が扱いやすいかもしれません。

おやじは素人あくまで生音で弾くのが良い
弾き手が弾くことに気を使わずギターが仕事をしてくれる
ポテンシャルがあって欲しい

〇 6弦どれかが主張せず全部がバランスがとれている
〇 プレーン弦と巻き弦の発音に大きな差がない
〇 入力に対してしっかり答えてくれる
〇 基音がしっかりしている
〇 音が混ざってしまう倍音は困る
〇 全弦全フレットでサスティーンがしっかりある
〇 ネックが扱いやすい形状で手に馴染み弾きやすい

と書き出すとキリがない(;^ω^) かもですが
最低上記のことを満たして欲しい

でもしかし、そんなギターってなかなか出会いがなくてネ

自分が使わせてもらっているのでってことではないですが
唯一 大屋健さんのギターが思いに届くものでした。

その後、大屋さんのギター以外にあれこれ出入りがあったのですが
それぞれに良いギターだけれど一長一短あり

で、先日出会いがあったのが早瀬輪さんのギターというわけです

弾かれていないので出音に関しては3,4弦が開いていないため
6弦それぞれのバランスがまだとれていないことはあるものの
そのポテンシャルは十分に感じるのです。

これから育っていってバランスが良くなり音が開いてくると
好みのギターに成長しそうで楽しみです。

大屋さんのギターはOMで早瀬さんのはOMよりお尻が大きいタイプ
その分低音は出やすいかなと
久しぶりのカッタウェイですが音の損失は感じない

この2本に共通するのは胴深であることです
この形状が奏でる奥の深い響きは独特なのかもしれません。

ちょっと写真でみてみましょう

大屋健さんのOM

IMG_20200109_084657.jpg

早瀬輪さんのDIm

IMG_20200109_084651.jpg


並べると

IMG_20200109_084643.jpg

横から見ると
(写真が入れ替わってます、左が早瀬ギター 右が大屋ギターです)

IMG_20200109_084831.jpg


で、そのサウンドを聞いてみると
いつものようにBOSSのレコーダーで録りっきりの音源です


大屋健OMノンカッタウェイ




早瀬輪Dimカッタウェイ



弾き手が同じなので同じように聞こえるかもしれませんが
実際の生音のギターの鳴りは大屋さんの方がベストバランスなのです

もし機会があれば早瀬さんのギター弾いてみてください
噂によると大物プロのギタリストがその音に惚れ込みすぐに
オーダーされて帰ったとか^^

きっと感じるものがあったのでしょうね

その元になったギターが私の手元に来たとは光栄でした。

posted by アラフィフおやじ at 11:25| Comment(6) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ