2019年11月07日

ドルフィン弦の音を録ってみた

ソロギスキのみなさん
こんにちは、おやじです

ここ最近朝晩はすっかり冬を感じさせますね
気温と共に湿度も下がるので湿度管理気になります。

さて、先日Iちゃんから分けてもらったドルフィン弦を
張ってみました。

images2.JPG

その音を録ってみたのですが、まだ張りたてなので
音が馴染んでない?感じでしょうか

張りたてって若い角のある感じの音かなと思うんですが
この音が好きって方もおられるし、おやじのように
少し馴染んだ音が良いなと思う方もおられるかなと

で、その音の実態とはですが、特別どこかに特徴がある
というよりも、ダダリオのフォスファーブロンズに近い
一番オーソドックスなサウンドかなと。

フォスなんで明るくきらびやかな音ですね

では、音の方どうぞ
ちなみにやっぱり何を弾いてもおやじの音ですかね(;^ω^)
爪はきちんと研いで弾いたので甘目の音かもしれません。

いつものようにBossのレコーダーで録音して
リバーブ等の装飾なしの音ですので生音に近いかなと

最初が大屋ギターのオープンチューニングで
ゆうくんアレンジの「赤いスィートピー」



2番目が鈴川ギターで伊藤さんの「海流」です



お耳汚しお付き合いありがとうございましたm(__)m

あんまり参考にならないですかね(;^ω^)



posted by アラフィフおやじ at 11:46| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ