2019年10月19日

Cordoba Guitars は人気なのだろうか?

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

今日はなんだか夏日とかで
湿度も高く暑いくらいです

もう10月も後半なのになぁ・・
(何を黄昏てるのやら^^

先日も書いてるんですが
Cordoba Guitars のページビューが
ここ数か月、毎日TOP5以内なんですよね(驚

cordoba_hauser_la.jpg

Cordobaのギターが人気なのか
C-5というモデルが人気なのか
未だに謎でございます(^▽^)

ともあれ廉価版のCordoba Guitars - C5-CE
私的にはクラギを弾くわけではないので
5万円を切る価格で楽しめるので十分なのですが
Cordoba を調べているとわずかながら本格的な
クラシックギターも作っているのを知るのです。

で、私はクラギのことはまったくド素人ですが
価格と音色とをじじいの耳で比べた時
あぁ、Cordoba Guitarって凄いのかもと
思ったりするのです。

そう思うのは下の動画を見て聞いた時でした

まずは、私でも名前を聞いたことくらいある
Hermann Hauser(1924年)



で、その次が
Cordoba Master Series Hauser Model



じじいの耳ではとっても素敵なクラギの音に聞こえるんですよね

実際、生の音を目の前で聞けば違うんでしょうか

でもね、これ、値段(下世話な話)が方や600くらいとびっくりですが
方や40くらいと10倍以上の違いがある。

もちろんネームバリューでHermann Hauserの方が
手にしたいと思われる方が多いんでしょうね。

クラギ全くの素人のじじいにはCordoba Master Series Hauser Model
十二分に思うんだけれどね

Cordobaは1997年に設立された新しいメーカーさん
スペイン製ギターを手ごろで十二分に楽しめる価格で
提供してくれ貧乏じじいにはこの上なくありがたい。

Cordobaと書くと思いのほか
興味を示してくれる人が多いのは
おやじと同じような感覚の人が多いから?

さて、真実はいかに(大げさ?^^

posted by アラフィフおやじ at 16:44| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ