2019年10月14日

本当に音が変わる!?

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

今日は連休最終日、ゆっくりされてる?
それともお出かけ?

いいですねぇ、貧乏おやじは仕事なんですよね
って、ボーっとしてるだけなんですが(;^ω^)

music_hikigatari_man.png

さて、皆さんはギターを弾くときに
気合を入れて弾きますか?それともリラックスして?

普段一人で弾くときはリラックスしてるけれど
録音したり録画したり、はたまた人前で弾くなんて時は
リラックスどころでない!ですか^^

私も緊張しいなんで、弾いているとすぐに
力が入ってしまうんです。

で、I先生のギターレッスンの時に教えてもらったことで
リラックスさせると音が変わるということ。

リラックスといっても、どこをリラックスさせるかですが
まず、二の腕、肩、背中 と場所を意識してリラックスさせる
とのことで、最近は構えて弾き始めるときに「肩」の力を抜く
を実践しているんです。

そして、グッと力を入れて音を出したい時は
弦に指を置いて(プランティングして)その時に
腕ではなくて指の付け根に力を込めるようにしています。

実際にどれだけ音に変化があるかわかりませんが
出したい音が出せるという点について
音をコントロールしやすいのかもしれません。

そうすることで、ただ漫然と曲を弾くというのではなくて
弾く曲に思いを馳せる、表現するというのを音を通じて
具現化しやすいのかもしれません。

そのためのリラックス 

なんて書いてますが、そう簡単じゃないですよねぇ
まず、弾くことに必死になってたりしてね(苦笑











posted by アラフィフおやじ at 11:39| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ