2019年10月19日

Cordoba Guitars は人気なのだろうか?

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

今日はなんだか夏日とかで
湿度も高く暑いくらいです

もう10月も後半なのになぁ・・
(何を黄昏てるのやら^^

先日も書いてるんですが
Cordoba Guitars のページビューが
ここ数か月、毎日TOP5以内なんですよね(驚

cordoba_hauser_la.jpg

Cordobaのギターが人気なのか
C-5というモデルが人気なのか
未だに謎でございます(^▽^)

ともあれ廉価版のCordoba Guitars - C5-CE
私的にはクラギを弾くわけではないので
5万円を切る価格で楽しめるので十分なのですが
Cordoba を調べているとわずかながら本格的な
クラシックギターも作っているのを知るのです。

で、私はクラギのことはまったくド素人ですが
価格と音色とをじじいの耳で比べた時
あぁ、Cordoba Guitarって凄いのかもと
思ったりするのです。

そう思うのは下の動画を見て聞いた時でした

まずは、私でも名前を聞いたことくらいある
Hermann Hauser(1924年)



で、その次が
Cordoba Master Series Hauser Model



じじいの耳ではとっても素敵なクラギの音に聞こえるんですよね

実際、生の音を目の前で聞けば違うんでしょうか

でもね、これ、値段(下世話な話)が方や600くらいとびっくりですが
方や40くらいと10倍以上の違いがある。

もちろんネームバリューでHermann Hauserの方が
手にしたいと思われる方が多いんでしょうね。

クラギ全くの素人のじじいにはCordoba Master Series Hauser Model
十二分に思うんだけれどね

Cordobaは1997年に設立された新しいメーカーさん
スペイン製ギターを手ごろで十二分に楽しめる価格で
提供してくれ貧乏じじいにはこの上なくありがたい。

Cordobaと書くと思いのほか
興味を示してくれる人が多いのは
おやじと同じような感覚の人が多いから?

さて、真実はいかに(大げさ?^^

posted by アラフィフおやじ at 16:44| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

気づきと定着(変な癖がつく前に)

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

本日は即位の礼で祭日となり
世間はお休みですかね

こちらは貧乏暇なしで働いてます(;^ω^)
え?ブログ書いてるのに働いてるとは
これいかに(笑

music_sakkyoku_guitar_woman.png

さて、久しぶりにまじめなお話
こないだ、オフ会の時にIちゃんも話ていた
そんな内容です。

気が付けばソロギ歴も10年になり
悪癖が染みついてしまうと
直すのに難儀しているおやじです。

例えば、プロの人のレッスンを受けて
悪いとことを指摘されます。

その時は、あ!なるほど 自分の欠点は
ここだったのか!と気づかせてもらえます。

そして、その点を直して行こうとするのですが
なかなかそのやり方がしっくりこないわけです。

どうしても今までやってきたやり方の方が
手に馴染んでいてその方が楽なわけです。

そうするといつの間にか気づきはどこへやら
元の黙阿弥で以前のスタイルに戻っている。

そんなことありませんでしょうか?

え?それっておやじだけ?(;^ω^)

おやじの場合は左手の指先を立てる
ということに随分以前から気づきがあって
それを直そうとしてきましたが
長年の癖が抜けず随分苦労しました。

指を立てるのに苦労しない人もいる
指の長さ、関節の曲がり具合、爪の形
人それぞれですので出来る人は簡単なんでしょう

やっとここ数年、人差し指が立つようになり
それでもギターを弾いていて演奏の自由度の低さに
何故なんだろうと悩んでおりました。

その理由が小指も立てられてないことでした。
中指と薬指は苦労しなかったんですけどね^^

ここ半年くらいでやっと小指が立つことが定着
ほんと10年も弾いていて今頃ですよ、情けない・・

結局、指を立てることができるようになると
指の腹「面」でおさえるから指の先「点」で押さえるになり
押弦に余分な力がびっくりするくらい要らないようになる。

そうすると指板の上を楽〜に指を動かせる
指の移動もスライドもプリングも
びっくりするくらい楽になる

また、一つずつの音が濁らなくなり
美しい音につながる

そして要らぬ力が入らないので
左手が疲れない

良いことだらけなんですが
これってホントは基礎基本んですよね

やはり最初に適当に始めてしまうと
後々気づいてもそれを定着させるのに
本当に苦労せねばならないと思うでした。







posted by アラフィフおやじ at 11:29| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ