2019年09月03日

癖はいつも気を付けないと

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

えっと、あ!気が付くと3週間ぶり?
の更新(あらら

山にうつつを抜かしていると
あっという間に時間が過ぎるのですねぇ

そんなことはともかく
それでも、ギターは毎日弾きます(自画自賛

DSC09035.jpg

で、やっと「Lemon」も何となく曲になってきました
あと一歩でyoutubeにUPできるか?と言う所。

私のばあい、漫然と練習していると
人差し指が寝る癖があるんですよ

人差し指が寝ると他の指も必然的に寝てくる
そうすると演奏が淀んでくるんです。

あれ?なんか今日はうまく弾けてないゾ
と思うときは大概指が寝てしまってます。

人それぞれ癖があって、それを直そうと
最初のうちは気を付けていても、いつの間にか
前の癖にもどってしまう、気をつけねばいけません


皆さんはどんな癖を直したいですか?



posted by アラフィフおやじ at 16:47| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

定例オフ会でした

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

昨日は定例オフ会
今回も内容が濃い〜オフ会でした

葉音オフ会では改まっての人前演奏でありませんが
参加者さんが演奏する曲をじっくりと聞く
そんなタイミングがあります。

今回参加のMさん、リンテンさんを弾かれていて
SUMIさんのDタイプのギターをお持ちです。

今現在「トトラの島」を練習中とのことで
今回みなさんの前で弾いてもらいました。

基本、ステージ慣れしている手練れの方は別として
人前で演奏すると緊張するものです。

でも、なかなか人前で演奏する機会というのは
ソロギを一人で楽しんでいる方には多くは
ないのではなかろうかと思います。

葉音オフ会は本格的な人前演奏を設定したオフではないので
少しは楽に弾ける雰囲気があろうかと思います。

そして、演奏にたいしての技術的なこと
(あくまで素人ですから自分がレッスンなりで
学んだこと)をあれこれ交換しあって
自分の演奏力UPにつながっているのは確かかと。

オフ会を通じて新しい気づきがあって
またソロギターを楽しめる、素敵なことだと思います。

さて、そして、FさんのMartin 00 Custom (00-18V Cutaway)が
もう、惚れ惚れするサウンドに仕上がってきていました。

_F4V0493.jpg

プロの手で調整されたこのギター 
特別仕様マーティン ショーモデルですが
艶のあるマーティンサウンド バランスの良さ
何とも言えない混ざり系の音なれど音の分離が素晴らしい
ソロギを弾くともう引きこまれる魅惑がある

カッタウェイ そのうえ00サイズなのに音の損失が少ない
なんだこれ?とうなってしまう。

ショートスケールなのにオープンにしても
その響きは格別である。

こんなマーティンなら絶対に欲しい!

もともとのオーナーさんはギターを3××買ったという方のもの
アナハイムショーで2本輸入されたうちの1本である。

今までマーティンで良いなぁとおもったのは
オーセンティックを弾いたときだけれど
このギターのサウンドとは方向が違えどこちらの方が良い
あくまで私にとってだけれど^^

あぁ、やっぱりオフ会っていいなぁ
素敵な人とのつながり素敵なギターとの出会い。

これからも続けていきたいと思います。
葉音オフ会はどなたでも参加できるオープンなオフ会です

どんな感じだろう?と興味を持った方は是非ご参加ください
場所は奈良 葉音で検索してもらうとわかるかと思います。

次回は11月17日(日)午後1時よりです

posted by アラフィフおやじ at 12:10| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

C.F.Martin : D-35

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

ここ数日涼しくなってきましたネ
そうすると俄然ギターを弾きたくなる!?^^

空気が乾燥してくるとギターの響きも
良い感じになりますしね

最近、気になるギターが何本かあるんですヨ

その中で、今日の1本は珍しくマーティンです
ルシアーものやコリングスでないなんて
珍しい?ですか?

おやじ、その昔アコギバンドで歌ものやってました(学生の頃

当時、リード、とバッキング担当だったMくんはD-28
おやじは歌担当でD-18だったのですが
まぁ、そのローンの支払いに苦しむんです(笑

あの頃D-18でもヒーヒー言ってるにD-35なんて無理!
でしたが歌ものでマーティン持つならやっぱりD-35ですよねぇ
と、ローンが払える年齢になると、そう思うのかもしれません。

martin_d35_7251_sp.jpg

バックが3Pなのも良いよねぇ

martin_d35_7251_sb.jpg


いずれにせよ、やはりマーティン(昔はマーチンって言った)は
フォーク世代の同胞は一家に1本でしょう! ネ!^^


え?D-35ならソロギにも使えるのと違う?ですか
流石ですねえ

でも買いませんヨ
欲しいのは他にもあります

さて、それは^^
物欲にまみれてはいけない(心に誓う





posted by アラフィフおやじ at 15:27| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ