UA-175808163-1

2019年07月19日

ギターは育つ、しかし鳴り過ぎると・・・

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

京アニの放火の事件には本当に心が痛みます
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

さて、ギターは作られたばかりの時には
どう育つのかは分かり難くいですよね(おやじだけ?

suzukawa_om03_9786_sp.jpg

Suzukawaギターがおやじの元に来て9か月が過ぎ
気が付くと随分音に変化が出てきて驚いている所です。

鈴川さんの最後の仕事となったOM-3は
TOPがアディロンS&Bがマダガスカルですが
この仕様を鈴川さんが過去沢山つくられた記憶がありません。

TOPはシトカかイングルマンにS&Bはインドローズが基本?
のような気がするのです。

アコギの音は基本TOP板でほぼ決まるのかなと
おやじはおもっているのですが
この鈴川さんの1本、想像以上にものすごく鳴り出し
音のボリュームも各弦のサスティーンも倍音も
なんじゃこれ状態になってしまいました。

いえ、別に自慢しているのではなくて
鳴りすぎると今度はコントロールするのが難しくなり
逆に鳴りを抑えるのにどうしようかと思うようになったのです。

そこで、少し手を入れて鳴りを抑えてみました
ちょっと消音材を入れすぎたキライがあるのですが
それでもこれで鳴っていないといこともないような気がするのです。

今までギターが育ってなりすぎるという経験が無かったので
本当に驚いているおやじです。

皆さんの中にも育ちすぎて鳴りすぎが困る
という方もおられるのでしょうか?

よろしければ教えて下さるとうれしく思います。

ちなみに言葉ではわからないでしょうから
音源付けてみました。
音源2つとも最初が鈴川ギター続けての音源が大屋ギターです。

鈴川ギターにはTOP板の裏に鳴りを抑えるのに
消音材を張り付けています(これは抑え過ぎ?かな、
ちなみに大屋ギターはそのままの状態です。

尚、録音はいつものBOSSのレコーダーで録ったままの
原音を載せています。

どちらもピラミッド弦を張っていますがすでに
2か月が経ち弦はすっかり落ち着いている状態です。

【参考音源】





posted by アラフィフおやじ at 13:53| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ