2019年06月15日

Martin 000-42 サウンドチェック

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

関西地方は梅雨入りが遅れてる
今年はエルニーニョ現象で雨が少ないとかとか

出来たら湿度が高くならないでほしいなぁ(夢物語

さて、お預かりしているMartin000-42ですが
音源を希望とのお声を頂いたので録音してみました。

MP3に圧縮しているので細かなニュアンスをお伝えできるかどうか???

それよりも、どんなギターを弾いても弾き手の音になってしまう(;^ω^)
ような気がするんですが・・・・

音が比べられるようにとMartin000-42とsuzukawaの音源を付けてみました。

こちらがMartin000-42です
(雑音お許しください女房がゴソゴソしてるの知らなかった^^)

IMG_6927.JPG

↓ ↓ ↓



耳の良い方なら3弦の少し曇った感じと1,2弦の発音が新しいギターなので
まだ出てきていないのを感じられるかもしれません。

Dサイズのような鈴鳴り感は少ないけれど、出音の方向性はまさに
マーチンサウンドですよね


こちらがsuzukawaです
↓ ↓ ↓

suzukawa_om03_9786_sp.jpg



8か月ほど弾き込んで1,2,3弦の発音が出るようになってきたので
1〜6弦の音の差異がなくなってきたように思います。

また、鈴川氏の音作りが1,2弦の高音が美しく澄んだ音になるのが特徴かもしれません。
指弾きには私的に良い感じのギターだなぁとおもうのでした。

posted by アラフィフおやじ at 11:15| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ