2019年06月09日

江坂巡礼の旅

ソロギすきのみなさん
こんにちはおやじです

先日のサウンドメッセで弾けなかったギターたち
東京のハンドクラフトフェスと1週間違いのためか
出店されていないルシアーさんがおられたのかもしれません。

さて、お昼過ぎにいるかさんに到着
今回も池ちゃんと待ち合わせをしての
ギター弾きたおし?となります(^▽^)/

今回、弾かせてもらったのが4本

1)FURUYA GUITARS : Solo Consort

2)NISHIHARA GUITARS : Pado OM Cutaway

3)SUGITA KENJI : Carrera 0-12F

4)Jeff Traugott : Model R Cutaway

トラゴットは東京にあって弾けないのを残念におもっておりました

たまたま大阪に引かれた方がおられたので入荷していて
弾けるチャンスに恵まれました。

では、素人おやじの適当インプレ
内容は独断と偏見に満ちておりますこと
ご理解の上お読み頂けたら幸いです(^^;

では行ってみましょう!

まずは、FURUYA GUITARS : Solo Consort から

furuya_solo_consort_27710_sp.jpg

いるかさん店内でスタッフや来客がおられる中でこっそり録音しておりますので
話声やら他のギターの音やらが混在している試奏音源ですので諸々ご容赦くださいm( __ __ )m



Condition
NEW
Top
Solid Swiss Alpine "Moon" Spruce
Side & Back
Solid Madagascar Rosewood
Neck
Mahogany
Finger Board
Ebony
Bridge
Ebony
Bracing
Scalloped X Bracing
Back Construction
2p
Neck Width At Nut
44.5mm
Scale Length
640mm
Tuning Machine
Gotoh 510
Rosette
Wood
Case
w/OHC
Price
¥680,000 (¥734,400 /税込)

昨年、残念ながらサウンドメッセに出向けずに残念な思いをしておりました
そして、久しぶりのソロコンソルト

弾いた瞬間に お!物凄い進化だ!

古谷さんが作るギターの音には特徴的な1,2弦の音があったのですが
2年ぶりになるソロコンソルトは格段に進化して、
今までのソロコンソルトとは別物に仕上がっておりました!

まず、巻き玄もプレーン弦も音の差異がない
そして、6弦のバランスがこの上なく素晴らしい!

そして特筆すべきは要らぬ倍音が整理されていて
基音がしっかりしていることです。

タッチひとつで自分が出したい音がだせる
リバーブの効いたゴージャスなサウンドではないので
弾き手の技量がもろに音にでるギターに仕上がっておりました。

ん〜これ、欲しいかも!


2)NISHIHARA GUITARS : Pado OM Cutaway

2本目は西原くんのOM Pado

nishihara_pado_om_cutaway_17660_sp.jpg



Condition
NEW
Body
OM Cutaway
Top
Solid Swiss Spruce
Side & Back
Solid Madagascar Rosewood
Neck
Honduras Mahogany 1p
Finger Board
Ebony
Bridge
Ebony
Bracing
Scalloped X Bracing
Back Construction
2p
Neck Width At Nut
44mm
Scale Length
645mm
Tuning Machine
Gotoh 510
Rosette
Abalone + Wood
Case
w/OHC
Price
¥615,000 (¥664,200 /税込)

初期のギターから弾かせてもらってきておりますので
この64本目のギターを弾かせてもらってその進化に目を見張るばかりでした

確かに3,4弦の発音が少しもたつくところがあるのは否めませんが
6弦のぐっと抑えて太く鳴るセッティング、1弦のメロディーを美しく
奏でる作りはOMだからこそ生きてくるのかもしれないと。
SJよりもおやじOMの方が音のバランス好みですわ


3)SUGITA KENJI : Carrera 0-12F

sugitakenji_carrera012maho_17788_sp.jpg

何故かジジ〜という雑音が入ってました
ちょっとひどい音は省いて整理しましたがまだ雑音気になります





Condition
NEW
Top
Solid German Spruce
Side & Back
Solid Honduras Mahogany
Neck
Mahogany
Finger Board
Brazilian Rosewood
Bridge
Brazilian Rosewood
Bracing
X-Bracing
Back Construction
2p
Neck Width At Nut
44mm
Scale Length
624mm
Tuning Machine
Gotoh 510
Rosette
Wood (Carrera Design)
Pick Guard
Clear
Case
ケースは別売となります。
Price
¥1,050,000 (¥1,134,000 /税込)

3本目は杉田健司氏の新しいサイズ シングル0
井草氏のオーダーでサウンドメッセの時には出来上がっていた
モデルですが、サンドメッセで弾けずにおりました。

このシングル0モデル ローズとマホの2本ができていたらしく
井草氏は悩んだ末にローズをチョイス

ですので、ここにマホが存在していると言う訳です

このシングル0 ものすごく弾きやすい
12fジョイントで624oというショートスケールというのも
あるでしょうが、本当に手に吸い付くように運指が進みます

そしてこのサウンド 本当に小さなボディですが
妖艶な響きをもっていて気が付くと虜になるようなサウンド

価格的に小市民のおやじには手を出しにくいのですが
確かにこのギターなら欲しいかも!

それよりも、池ちゃんがぞっこんになっておりましたぞ^^

あかん、これ、無茶苦茶イイ もう弾いていると
引き込まれて演奏と気持ちが一体化してきました〜

あぁ、これ欲しい〜 いいわぁ 欲しいわぁと(^▽^)

では、彼が魔力に引き込まれた状態で弾いた音源をどうぞ





4)Jeff Traugott : Model R Cutaway

traugott_r_cut_7928_sp.jpg

最後にトラゴットです

いるかさんの動画が古川さんの演奏でアップされていて
その音を聞いたときに このトラゴットかなりいいかも
素晴らしい!と感じたのです。

しかし、しかしです
実際に弾いてみると3,4弦の音と6,51,2弦の音の差があり
ウルフトーンがちょっと気になるおやじでした

東京店の方も今のトラゴットとはレベルが違います
との話を聞いたことがあったので、あぁこういうことなのだなと

古川さんは本当にプロとしての卓越した技術をお持ちで
ギターのウィークポイントを理解したうえで演奏されるので
つい引き込まれてしまうのかもしれません(^^;

指弾きというよりもダークな響きのストークもいいかもと
池ちゃんの息子さんが演奏してくれました。

ギターは使い方がいろいろあります
そのギターの特性を知って使うのもいいですよね



いやぁ、しかし、今回の弾き倒しはものすごく勉強になりました
やはり、実際に自分で弾いてみて感じてがいかに大事かを
再確認しました。

しかし、古谷さんのソロコンソルトかなりいいわあ
そして、杉田さんのシングル0 なんとも魅力的な出来上がりで
驚くばかりでした。












posted by アラフィフおやじ at 21:57| Comment(6) | 楽器店巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ