2019年02月22日

ギターの良い音って「好き」か「嫌い」で決まる!「よう知らんけど」(笑

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

先日、TVを見ていて大阪人は話の最後に
「知らんけど」を付けるっていう話をしてました。

ま、知らんのに言うなってご意見もわかりますが
「知らんけど」にそんな深い意味はないんですよね^^

さて、先日書いたJeff Traugott Model-R Cutaway
について、ギターつながりのある「しばしばさん」が
日記に書かれていて、音の好みが近しい方だと
うれしくもあり、安心もしたのでした。

しばしばさんのブログはこちらから
↓ ↓ ↓
「ゆっくりアコギでも」

そんなある日、またギターつながりの「zizi」さんが
ギターの聞き比べをUPさていて、
そのブログの内容もとても興味深いものでした。

ziziさんのブログ
↓ ↓ ↓

「ギターでハッピー」

>音の善し悪しを左右するのはギター自体よりも弾き手の技量である
という件には、そうなのよねぇと頷いてしまったり^^

だからそれなりのギターを持つのだったら
それ相応に技量をUPさせないとといけない
と思うものの、思うだけでじじいは一向に・・(;^ω^)


アコギの音はこんな感じが好きなんだよねというのは、
その人が経験してきたことに左右される?のかもと

若いころに聞きてきた音楽は結構年齢を重ねても
脳の奥深くに刻まれているのかもしれません。

ただ、私個人としては、以前にも書いているかもしれませんが、
何故かアメリカンサウンドよりもヨーロピアンサウンドの方が好みでして
倍音豊かなゴージャスサウンドよりも
基音が明確で各弦の音が明瞭にわかる音を好むのです。

だからでしょう、先日も書きました
Jeff Traugott Model-R Cutawayのサウンドは
何度聞いても良いなぁ〜と思うわけです。

traugott_r_cut_7928_sp.jpg



古川さんの演奏とも相まって、この演奏を聴くと
まさにギターってオーケストラだなぁ〜と。

これって好きな音はこれ!という好みの世界の話ですよね
私はこの音好みじゃないわと思われる方もおられるでしょう

あくまでも好みの音かそうでないかというだけで
このギターの音が良いか悪いかとは別の話ですもんね^^

ちなみに、辺境のじじいの勝手気ままなブログを
見て下さる方ならご存知とおもいますが
いるかさんのようつべのページでいろんなギターの
音色を聞くことができます。

是非、あなたの好みのギターのサウンドはこれだ!
っていうのを教えてくださいませ。

「Dolphin Guitars」
















posted by アラフィフおやじ at 14:37| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ