2018年11月23日

同一弦を同じ指で弾かない基本

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

今日は勤労感謝の日
働いてるような?ブラブラしてるような?
おやじです(^-^;

皆さんはソロギを弾いて楽しまれてる・・
ことと思います
え?練習が進まないから楽しめてない?ですか^^

ソロギって簡単そうで難しくて奥が深いですよねぇ〜
最近は例の曲で相変わらず難儀してるおやじです。

龍蔵さんの解説動画にはアルペジオは基本
同じ指(例えば人差し指)だけで弾かずに
人・中・薬指をバラバラに使って弾くことを
おススメすると。



確かに弦を跨いで弾く時は例えば3,2,1弦と弾くなら
すべてを人差し指で弾くことは、
ん〜まぁ無いかなと思うけど同一弦
例えば1弦を複数回弾く時は意外と薬指だけで弾いてしまう
そんなこと結構やってました。

この龍蔵さんアレンジジの「奏」は同一弦を2回3回と
弾くところが随所に出てきます。

もちろん同一の指で弾けないのか?と言うと
弾けてしまうので困るのですが^^
その後の音を弾く時にスムースに移行できずらいことも。

何回弾いても上手く弾けなかった部分は
そうした基本にそぐわない弾き方をしていた所でした。

雰囲気としては1弦をトレモロで弾くと仮定すると
薬指のみで弾くみたいな。

そこで、一度覚えた右手の使い方をご破算にしまして
再度、覚え直しております。

ちなみに、龍蔵さんの解説動画では1弦の動きが
見えずらいので自分の指の動きを録画してみました。
今回のはデジカメ音源なので音はご容赦下さいm(__)m




こんな調子で年内に何とかなるのか?
いや、何とかしたい

ひたすら弾いて体が覚えるしかないです

プロの人は初見でもササっと弾けてしまわれるのでしょうね
何故、指が譜面通りに動くのだろう・・・

posted by アラフィフおやじ at 14:12| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ