2018年11月16日

オールマイティなギターは無いのかも!?

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

81Tyg26EpHL._SY355_.jpg

ここ数日急に寒くなりましたねぇ
朝晩冬支度でギター弾いてます^^

寒いと指がうごかないよね〜(言い訳

さて、今回「奏」を暗譜してみて
バレーで弾く場面が多くてちょっと難儀しました。


そして、暗譜中は同じ場所を何度も弾くので
バレーしている指に弦の後がくっきりついて
痛い!なんてことの毎日^^

こんな時には押弦が楽なギターが良いなと
もちろん、弦を細くしたりチューニングを
落としたりするのですが
やはり出音に不満が募ってくるわけです。

そりぁ押弦が楽で音が好みでバレーも
難儀せず手に馴染んで弾きやすく・・
なんてギターは、そうですよねぇ 
そうそうないんですヨ・・・

何かしら何処かに満足できない部分があっても
総じてやはりこれが今自分には一番しっくり来てる
と思うギターがベストになるのかと。

だから、100%を求めてギター買ってしまう?
と言うことにつながるのでしょうかね^^

今回は最近購入した鈴川ギターを使ったのです
それはナット巾が44oだったからです。

私のメインギターは大屋さんのですが
ナット巾が45oくらいあるんですよね。

ウエスタングリップなんかはやり難い
で、鈴川を使ってたわけです。

でも、新しいギターなので音が馴染んでいない
音が開いて演奏として使えるようになるのに
やはり数年かかる?かな?と
今は我慢のしどころなんでしょうね。

ところで、先日に一応運指を覚えた!
え?ほんまかいな? またウソなんか言って!
となると寂しいので、実際にどんな感じか
意気揚々と録音してみたのですがね・・

録音して聞いてみたら、何てひどいことか(°O° ;)

わかっちゃいたけど、実際に耳にすると
げっそりしますわ・・
が、いろんなことがわかりました。

やはり録音するのは恥さらしでも
出来ていないことがわかるので
必ずせねばいけないと思う今日この頃です^^

ちゃんと楽譜通り弾けてないのはもちろん
押弦もピッキングもでたらめの連続
これを所謂「なんちゃって」というのでしょう

何といっても盛り上がりの所から
ゆっくり弾けないのです
それはちゃんと指が覚えてないってことですから

で、ゴタクはもう聞き飽きた!
で、え?どんなだ?って思われた?でしょ

と言うことで音源を付けてみておきます(恐

今回は音をいじり倒してます
唯一しなかったのはリバーブを掛けなかっただけ
あとは触りまくりの音です。

あ、ちなみに聞かれて卒倒しても
責任は取れませんので悪しからずm(__)m



posted by アラフィフおやじ at 12:14| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ