2018年11月09日

道のりシリーズ10日目

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

龍蔵さんアレンジの「奏」を
弾き初めて10日が経ちました。

images.jpg

今までやったことのない、運指だったり 
リズム、特にベースが表になったり裏になったり
スライド・プリング・ハンマリングとアルペジオの
組み合わせ、そしてバレーのままでの主旋律の演奏
とおじさんには理解不能なパターンの連続で
ほとほと困り果てておりました。

が、出来ない理由を自分の頭に並べてもしかたない
独学派のおやじ、自分でなんとか解決方法を考える

最初に考えるのは、龍蔵さんだって同じ人間
指が6本あるわけでなし
この人にできて自分にできないはずがない!
(ウソ、出来ないことの方が多いのだよ(滝汗

思うのは勝手、そう自分に言い聞かせてネ^^


ここのフレーズどうして弾けない?
何故音がつながらない?
こう弾くには左手をどう使えばいい?
と無い頭で考えます。

それは、ワンフレーズを10回20回50回100回と
弾いてみて解決策を考える
ええ、ほぼその日には解決しません(滝汗

でも、次の日も次の日も、出来ない所の
フレーズを繰り返しながら試行錯誤していると
あ!お〜なるほど こう弾けばいいかも!?と
分かる瞬間があるわけです^^

でも、分かったからすぐ出来るかというと
そう簡単でもない。

今回、そうか!と思ったのが
人差し指と小指の指先が立った状態での押弦

どちらの指もちょっと気を抜くと
弦と直角に当たらず、寝た状態で押弦してしまう。

そうするとスライドの後にすぐプリングという
トリッキーな運指の時に上手く弾けない。

また、スライドの後の連符を弾いた後の
フレット移動をしてバレーのち主旋律となると
特にローポジションからハイポジションに移動する時
親指が前の位置に残ろうと頑張ってる(親指自身がね

そうすると、とても弾きずらいのだ!

親指の位置が適正にセットされていないと
ダメなのだなぁと理解するのです(今更

そして龍蔵さん曰くの不典型リズムのベース
もうこれはゆっくり弾くを繰り返し
体が覚えるまで弾くしか解決方法がない。

なにせリズム感まったくないおやじ
若い時にもうちょっとリズム感
鍛えておくべきだった・・(後の祭り

さて、いつになったら弾けるのでしょう^^

とりあえず最後まで運指がどうなってるか
理解するのが先決ですが・・・
はい、そうです、まだ最後で運指理解できてません・・

続く・・


posted by アラフィフおやじ at 14:27| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ