2018年11月02日

道のりシリーズ「既に途方に暮れる」の巻

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

さて、「奏」を練習し始めて
4,5日が経過しましたが
遅々として指が楽譜通りに動いてくれません(滝汗

普段弾いている曲はオーソドックスな
曲調のものがほとんどで
難しいかなと思ってもそれなりに1週間もすれば
いずれ形にはなるかなと思えるのです。

が、瀧藏さんアレンジの「奏」は
今まで弾いたことのないリズムと運指に
5日目でもまだ最後まで運指の確認さえ
出来ないでおります。

イントロの所と歌物の出だしあたりが
何とかなりそうと思ったのが間違い?かも

ソロギを弾き始めたばかりの頃に
無謀にも、わたなべゆうさんの「踊り子」を
弾きたいと思って練習し始めたことを思い出しました。

どれだけ必死に練習しても曲にならない
指が動かない、弾いているとアマチュアの人は
きっとソロギ変態な人だと思ってました。

それでも何年もかかってですが、
今は何となくそれっぽくは弾けるようになっている。

諦めずに練習すればいつかは・・・
などと甘い夢を見ながら、
何度繰り返しても弾けない溜息と
脱力感に苛まれながら
指先をじっと見る毎日。

ちなみに、練習を昨日イントロ部分
確認の為に撮ってみたのですが
いきないプリングオフの場所間違えてるし(滝汗



この弾けそうかなの部分でさえ物凄く
心もとない指の動き(涙

まぁ、このシリーズをご覧の皆様には
きっと、お!おやじ なんやかんや言うても
こんなレベルなんや と安心してもらえるかと^^


この調子ならいつまでこのコーナー続くんだろう
永遠に道のりシリーズしか書かないのだろうか・・・


posted by アラフィフおやじ at 11:10| Comment(2) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ