2018年10月09日

何も知らない振りをして^^

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

先日の日曜は久しぶりに
山に出かけて来ました。

雨の後、いえ、雨の中増水と
台風の影響で随分荒れてました。

さて、昨日大阪に出る用事が
あったので先日来「はてな」
の方に書いていたギターの選び方。

ギター再開組の方がソロギを弾くことになった時に
購入するギターについて書いていたので
実際、店頭でソロギターを始めたいのだけれど
どんなギターがいいか?とまったくの初心者の顔をして
楽器店を訪ね店員さんに聞いてみました(悪

覗いてみたのは
イ〇バシ楽器さんと三木楽器

大阪のイ〇バシさんはエレキに主眼があり
アコギは少数精鋭?・・??
ソロギ用と絞るとヤマハの一部のみでした。

まぁ、大阪はあちこちにアコギの店が
あるのであえてアコギに力をいれなくても
ということなのかもしれません^^
店員さんもエレキの方が得意そうでしたヨ

そこで、三木さんに出向いてみました。

こちらは心斎橋の店舗を移転され
アメリカ村にエレキと別店舗で
アコギ館が出来てそれなりに揃っています。

マニアックさでいうと
ファクトリー・ルシアー共に揃うのは
間違いなく梅田店の方ですね。

そんな訳で三木楽器さんに突入
ソロギを弾きたいのですがおススメのギター
どんなのがありますか?
と聞いてみました。

店員)ソロギを弾かれるのですね
   どんな感じの曲を弾きたいとかありますか?

おやじ)いえ、よくわからないのですが普通のソロギで^^

店員)ご予算はどのくらいか考えておられますか?

おやじ)えっと、あんまり高いのでなくていいので5万位で

店員)一般的にソロギター用というとモーリスさんになりますかね
   ご予算に近いこのタイプはどうでしょう?
   と薦めてくれたのがこちら Morris SR-701

   S-701の後継機の胴深タイプでソロギ用 
   TOPスプルースのS&Bがマホのタイプ中国製
   
  PERFORMERS EDITION SR-701.jpg

おやじ)モーリスさんですか これはおいくらくらい?ですか

店員)だいたい5万くらいです

おやじ)なるほど、値段はこんなものですか?

店員)そうですね、このシリーズは海外生産でお安くなってますヨ

おやじ)この他におススメというと何かありますか?

店員)これ以外だと、あとヤマハさんのはどうでしょう?
   小ぶりでヤマハの技術AREを採用したもので
   ヤマハ自体人気のギターなのでおススメですし
   5万円くらいで提案できますヨ

   と勧めてくれたのがこちら YAMAHA LS-6 ARE
   ヤマハのFシリーズの後継機でTOPイングルマンS&Bがローズ

   YAMAHA LS6 ARE.jpg

  

おやじ)じゃあこの2本弾かせてもらえますか?

店員)はい、ではと調弦してくれる
  
おやじ)お兄さんはソロギター弾かれるの?

店員)はい少しだけですけれど

おやじ)お若いから 叩き系?

店員)いえ、オーソドックスな弾き方のが好きなんです

おやじ)へぇ〜

そうこうしているうちに調弦も済み
弾かせてもらう。

Morris SR-701はバランスは悪くないものの
音の抜けは新品の為かまだこもりがち
ネック自体も価格相応で悪くはないけれど・・
弦高は高く若干順反りで弾き難さはあるものの
高音域まで音の詰まりはなかった。

もう一つのYAMAHA LS-6 AREは
マホとは違いローズということもあり
王道のサウンド、昔のヤマハと違って
ナットの溝切もバランス良い感じ。

ただ、3弦の音の詰まりが気になった
6,5,4と音が抜けるのに3弦だけ詰まる
ソロギを弾いた時にこの感じは・・と
でも、こちらも高音域でも詰まりもなく
1弦の伸びは流石ARE技術かも?(え?違う?

どちらも5万円近辺で購入はできるが・・・

店員)いかがです?

おやじ)ん〜 もう少し金額を出すと
    どんなものがあるでしょう?

店員)よくギターを買いに来られる方で
   8万円くらいで良いギターと言われるのですが
   5万円あたりの次のラインは10万くらいになるんですよね

おやじ)ほ〜10万ですか 高級ですね 
    流石にいきなり10万となると・・・
    と初心者の葛藤を装う(悪

店員)一度こちらを弾いてみて下さい
    と出してくれたのが Morris F-LTDU

Morris F-LTD U.jpg


   ハンドメイドラインで作られたモーリスの
   おススメ版とのこと

これを弾いた時に、あ!これはいいかも!と

過去に弾いたことのあるSシリーズと違った感触
と思っていたら、なるほど そうか000サイズの
スケール630oの胴深 音の伸びも高音域も文句ない
おやじの大好きなスペックのギターである^^

店員)最近はギター始める方、ある程度の年齢の方が
   増えてこられたのか、最初から買い替えをしない
   ギターをと言うことでこのあたりの10万クラスのを
   買われる方もおられますよと。

カッタウェイでなければ と言うことでないなら
そして10万円が何とかなるならこのモーリスなら
不満は無いように思いますねぇ。

再開組の方には音色よりも弾きやすさ
だから調整して弾きやすいようにしてもらって
5万位という話をしましたが、
ん〜5万と10万 倍の開きがあるけれど
どうでしょう、音の開きも倍あるかんじ

暫く楽器屋さんに出向いていなかったのだけれど
たまにはこうして覗いてみるのもいいものですね。

ファクトリーのギターもどんどん進化してる
おやじがソロギを始めた頃、モーリスと言えば
Sシリーズで上位モデルでも音の線は細くて
腰がもう少しあればなぁと思ったりしてたのです。

でも、最近のモーリスさん進化してるんですね
自分が買う事を考えてしまってか
F-LTDUがいいなぁと

一度良い感じのを弾くと、やはり不満のある
ギターに戻るのは難しいもんです^^

中古で6,7万のがどこかで出たらおやじ
買ってしまうかも(笑

と言うことで初心者さんも中古で
抵抗がないならねらい目かもしれませんヨ♪

あ、おやじモーリスの回し者ではありません
あしからずm(__)m


    




    









posted by アラフィフおやじ at 12:25| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ