UA-175808163-1

2018年09月15日

振り返ること

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

朝晩すっかり涼しくなり暑さもひと段落、
ギターの音が良くなる季節も近い?かな?

ん?いや、ギターによろしくない乾燥に
気を付けなければいけない
季節が近づいてきたということでしょうか^^

先日、定年後からクラシックギターを趣味で
始められたTさんから教えてもらったサイト

みたぽんさんが初心者さんが誰でも楽しめる
簡単な方法「ギタぽん」を開発して実用新案を
とられたとか。



みたポンさんのブログ 
↓ ↓ ↓
みたぽん

このブログのページに書いてある
「ギターを弾ける人は「自分は血反吐を吐くような苦労したので上達した」
と思っている人が多いです」
という下り

あまりにハードルが高いと最初からギターを弾くことに
抵抗感をもつことになるなぁと

ここに書かれてあるように
最初は左手で押さえる場所が2点だけで
和音が弾ける、コードが弾けるということ。

この左手に惑わされないうちに右手を鍛える。

右手が使えるようになってから
レギュラーチューニングにして左手を覚える。

ん〜なるほど、現代の自転車の練習と同じだと。

昔はこけても根性で練習して乗れるようになる
が一般的だったけれど、現代はペダルを外して
バランス感覚を覚えた後、ペダルを付けると
あっという間に自転車にのれるようになるとか。

ギターも根性でなくて、もっと合理的に
易しく弾けるようになればギターのすそ野は
もっと広がるのかもしれない。

自分のことを振り返りながら古い考え方は
改めて行くのが良いのだなと思うのでした。



posted by アラフィフおやじ at 10:56| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ