UA-175808163-1

2018年09月15日

振り返ること

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

朝晩すっかり涼しくなり暑さもひと段落、
ギターの音が良くなる季節も近い?かな?

ん?いや、ギターによろしくない乾燥に
気を付けなければいけない
季節が近づいてきたということでしょうか^^

先日、定年後からクラシックギターを趣味で
始められたTさんから教えてもらったサイト

みたぽんさんが初心者さんが誰でも楽しめる
簡単な方法「ギタぽん」を開発して実用新案を
とられたとか。



みたポンさんのブログ 
↓ ↓ ↓
みたぽん

このブログのページに書いてある
「ギターを弾ける人は「自分は血反吐を吐くような苦労したので上達した」
と思っている人が多いです」
という下り

あまりにハードルが高いと最初からギターを弾くことに
抵抗感をもつことになるなぁと

ここに書かれてあるように
最初は左手で押さえる場所が2点だけで
和音が弾ける、コードが弾けるということ。

この左手に惑わされないうちに右手を鍛える。

右手が使えるようになってから
レギュラーチューニングにして左手を覚える。

ん〜なるほど、現代の自転車の練習と同じだと。

昔はこけても根性で練習して乗れるようになる
が一般的だったけれど、現代はペダルを外して
バランス感覚を覚えた後、ペダルを付けると
あっという間に自転車にのれるようになるとか。

ギターも根性でなくて、もっと合理的に
易しく弾けるようになればギターのすそ野は
もっと広がるのかもしれない。

自分のことを振り返りながら古い考え方は
改めて行くのが良いのだなと思うのでした。



posted by アラフィフおやじ at 10:56| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

葉音オフ会

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

ここ暫く年に一度のお祭りの準備
たまには忙しいこともあります(笑

えっと、先日の日曜にオフ会がありました。

久しぶりにお会いしたKさんはなななんと
マーティンのD-41をGetされて今回お披露目
となりました。

DSC09345.JPG

私はマーティンフリークではありませんが
それでも40年近く前からマーティン(マーチン)
D-18を手にしてジャカジャカ弾いていたので
あながち全く知らないわけでもないのです。

学生時代のアコギバンドの相方はD-28
いまやビンテージで、そのサウンドはほれぼれ。

で、そうそうKさんのD-41ね所謂28の兄貴分
かたやD-42が45の弟分からしてD-41と42は
基本的に音が違うし、一般的に42を手にする人が
多いかもしれません。

でも、私は昔から28の音にあこがれもあるので
41のサウンドとても素敵に聞こえました。
指弾きをしても素直でいて響きも深い
マーティンサウンド、いいですねぇ。

Dサイズはちと大きさが大きいですが^^

さて、今回のオフ会も内容の濃い〜
充実したオフ会でした。

そのひとつに、今回参加された5人の人に
TAB譜からどの指を運指として充てるか
その基準はあるのかなどをお聞きしてみました。

これ、あ!なるほど という意見を頂き
やはりひとりで考えるよりも明確な答えが
返ってくることに皆さんのソロギへの熱量も
感じた次第です。

詳しくは右にリンクのあるはてなブログの方に
まとめて見たいと思います。

また、同じ曲を弾く仲間とここをどう弾く
どの指で押さえるなどの意見交換もできましたし
はたまた、まるっきりの初心者さんにソロギの
手ほどきをしながら、あぁここが難しく感じるのか
とか、ここはこう伝えた方が伝わるなとか
いろいろ勉強にもなりました。

DSC09342.JPG

あとは、池ちゃんとソロギを弾く時の
主旋律の歌わせ方や目立たせ方を具体的に
表現できないとソロギって聞いていて
何を弾いてるのかわからなくなる
なんてことをワイワイと話ししながら
実際に弾いてああだこうだと意見交換

ソロギ仲間が集まるって、
本当に素敵なことだと改めて感じた
今回のオフ会でした。

また、来月もあります。
楽しいオフ会 参加してみたいと言う方
もちろん初心者さんも大歓迎です。

こちらのブログにでも書き込みください
書き込むのちょっとハードル高いと思われるかもですが
葉音オフ会は本当に緩くて濃いオフ会ですので
安心して楽しんでもらえると思います。

あ、おやじが怖そう?それは えっと
きっと無いようなきがするのですがね(^-^;

posted by アラフィフおやじ at 13:30| Comment(12) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ソロギターを知ってもらうには

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

先日のオフ会の時に
まったくソロギをご存知ない方に向けて
ソロギターってどんなもの?と聞かれたので
プロの方の曲を少し弾いてみたのですが
まったく???でした。

そこでポップスのアレンジ曲を
聞いてもらうと
へぇ〜いい感じですねぇと。

その方はカーペンターズが好き
とのことで、ちょうど池ちゃんが
アレンジ曲を弾いてくれたら
とても喜ばれていました。

やはり、まったくソロギターを
知らない人には知っている曲の
アレンジを聞いてもらうのがいいのだな
と改めて思うのでした。

ソロギ復活組の方への道しるべにと
まとめたものを「はてなブログ」に書いてます。
↓ ↓ ↓
左手のメソッド


ソロギ復活組の方の中には
プロの曲を弾きたいとは思っておらず
知っている曲からやってみようか?
と思う方もおられるかもしれません。

そこで、ソロギターはコード譜の中で
アレンジされているものも多いので
TAB譜からの運指の決め方もコード譜に
倣うのが決めやすいかもしれないと書きました。

その延長上で「ふるさと」を簡単な伴奏を
付けて弾いてみたのです。



初心者の方にはこんな感じから
練習を始めてもらうのもいいのかしら?
と思ったりするのですが・・

このブログを読んで下さる
ソロギ手練れの方にはまったく
興味はわかないとは思いますが^^



posted by アラフィフおやじ at 11:54| Comment(2) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ