2018年08月07日

マニアックシリーズ6(感覚と実際の誤差)

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

関東の方は台風13号の影響がありそうですね
関西の水害のような事が起こりませんように
対策の程、万全にしておいてください。

さて、マニアックシリーズも6回を迎えました
え?いつまで続くか?ってですか

さて、書いてる本人もわかっていません(^-^;

今日は、感覚と実際の誤差ですが
先日、添付していたCyrlouneさんが弾いてる
Sweet Bonnie Dickinson を見ていて
なんてまぁ美しい運指だことと思っていました。



この方フランスの人みたいですね(関係ないか^^

で、何故にこんな美しい運指ができるんだろう
それに引き換え、自分の運指はなんとまぁ雑なこと。

そのどうしてをいろいろ考えていて
あら?自分の左手の指の弦との角度が違う???

と自分の動画を見ていて気が付いたのです
(そうです、動画を撮ってみることで気が付くこともある)

どうも最近指板の上で自由に指が動いてくれないなぁ
とおもっておりまして、気を付けてると左手が開いてる。

開くって、字で書くと面倒で分かり難いので
簡単に言うと肘が体側に着く感じが閉じている
逆に肘が体から離れると開いているという

このことは2015年今から3年前に気が付いてました
「そうだったのか大きな気づき」

で、このことです

これが開く
DSCF5712-thumbnail2.jpg

これが閉じる
DSCF5711-thumbnail2.jpg

この時og3さんからもコメント頂いてますが
クラシックの構え方だとネックが立っているので自然と
閉じた形で弾きやすいのですがアコギの場合は右足に乗せて
構えるとネックが寝るので肘を閉じると必然的に構えに
無理がかかるのでつい開いてしまうのだと。

で、いつのまにかその弾き方に馴染んでしまって
左手が自由に動かなくなったりしてしまうのです。

ちょっとしたことです
でも、このちょっとしたことが演奏に大きくかかわり
しいては音の響きにまで影響してしまいます。

基本に忠実に、自分の感覚は時としてズレが生じる
練習量の少ないアマチュアは気を付けないといけない
とおやじ 反省しております。

posted by アラフィフおやじ at 13:59| Comment(0) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ