2018年08月01日

マニアックシリーズ6(耳コピ編)

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

ソロギを弾く人が求めていく道は
演奏のことだけでなくて、
いろんなギター本体を買うことも
楽しみとしてあるのかもしれません。

年齢的に資金に余裕のある方もおらるでしょうし
欲しいと思うギターをGET出来る楽しみも
大きいかもしれませんよね。

最近でも思うんですよ
先日も伊藤さんの演奏をギターを替えながら
弾いておられるのを聞いていて
どのギターを弾かれても伊藤さんの音がする
そう思っていたのです。

ギター本体が違えど奏でる技術が完成していると
思い通りに発音できるのだなぁと

やはり弾くということを突き詰めるのは
凄いことだなぁと再認識した次第です。

さて、題の耳コピですが
ソロギを弾き始めたばかりという方は
人の演奏を聞いたり見たりしてそれをコピーするなんて
そんなことできるわけないじゃないか!
そう思われるかもしれません^^

私もそう思ってきたので、よくわかります(^-^;

昔は、曲は完全コピーが前提でした
それが悪いわけではないのですが
あくまで素人のソロギ弾きが楽しむのに
完コピは無いなと思うようになったのです。

誰かプロの方が作曲されたものや
アレンジされたものはその人の思いが込められて
その人が表現したいという思いが形になっている。

それを素人がそれを全て理解して表現できるか
というとそんな大それたこと出来っこないわけです。

だから、おやじ個人としては完コピではなくても
その曲を楽しめたらいい、それも自分が良いなと思う
音をギターから引き出せたらいいと思うようになったのです。

で、今回耳コピですが、完璧に同じというよりも
楽しむためにある程度妥協も良し(素人だもん^^)
と言い聞かせて音を拾ってみました。

アマチュアのソロギを楽しむ方で耳コピをする
という方もおられて、中にはプロ級にされる方もおられる。

ま、そこまで おやじ自身ができるかという
そんなこと滅相もないわけでして^^

それでも、一つの音でも拾うという作業はアマにとっても
ソロギ上達には決してマイナスにはならないと思うんです。

耳コピなんてマニアックなというより
楽しみながら技量が上がればそれでよし。

完コピでなくてもちょっとだけでもやってみるのも
いいのかなと思う今日この頃です。

ちなみに、コピーしようと思ったのが
アイリッシュの曲「Sweet Bonnie Dickinson 」で
この方の演奏です



でもね、この人が弾いている通りにコピーしてないんですよ
というか、その通りに弾こうとしてもおやじの技量では難しくて(恥

で、自分が弾きやすいように押弦の場所を同じ音で弾きやすい所を
見つけてみてコピーしてみました。
(先日書いた踊り子の唄の押弦パターンを替えたというのと同じです)



一応、それっぽく聞こえる?でしょ(笑
曲を形にするのにもちろんこの曲の構成に
しないといけないのですが
肝の部分を採ってみたというだけでして(^-^;

ただ、弾いている音は好みの音になってきてると
自分では思ってます(自画自賛
(弦に指が触れて雑音がでてたり
押弦が不十分なところはさて置き^^)

ま、もうちょっと音の組みあわせが合ってない
所があちこちあるので煮詰めてみたいと思いますが^^

いつも書いてますが、自分の演奏を録画、録音して
第三者の耳で聞くことはソロギ上達のためにはマスト
だと思っております。



posted by アラフィフおやじ at 11:30| Comment(10) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ