2018年07月11日

ギタ友 Ohtaさんの「偲ぶ会」

ソロギ好きの皆さん
こんにちは、おやじです。

西日本は豪雨災害で大変な事態に
私の知り合いに岡山の真備の方もおられて
浸水の被害にあわれたと報告がありました。

不足しているものがあるでしょうから
支援をと思っても届ける手立てがないことに
焦りと苛立ちで悶々とする日々です。

一日も早い復旧を願うばかりです。

さて、先日 ギタ友のohtaさんの偲ぶ会が
ご家族とギタリストの伊藤さんが中心となり
開催されました。

早いもので、あれからもう半年が過ぎましたが
まだ、何か あ!どもども と彼が現れるような
そんな気がしてなりません。

偲ぶ会は参加者さんがそれぞれohtaさんの遺影の前で
彼を思いながら演奏をするというスタイルで進められました。

私は、あえての「Water is Wide」を弾きました。
ご存知の方も多いアイルランドの伝統音楽です
日本での題名は「悲しみの水辺」
この曲の原題は《O Waly Waly》(お〜悲しい悲しい)
という別れの唄

36866943_1566751690103351_2519148982261776384_n.jpg

そして、参加者さんがそれぞれに思いを込めて
演奏をして、最後に伊藤さんが数曲 ohtaさんが
好きだった曲を弾いてくださいました。

始めの曲の途中で、警報解除の緊急通報がみんなの
スマホから一斉になり始めました。
あ、Ohtaさん傍にいてるんだな 彼の意思表示かな
とおもったのです。

そして、2曲目 彼が伊藤さんとの縁となった
「海流」を弾いてくださっていた時には
突然の地震が・・

かれの気持ちの高ぶりが地震と言う形で
みんなに届いたのかもしれない・・・

親しかった友との別れは本当に悲しい
振り返れば10年近くも一緒にギターを弾いてきた仲でしたから。

彼がつないでくれたギタリスト伊藤さんとのご縁は
これからも大事にしていきたいと思っています。

私が今弾かせてもらっている大屋建さんのギターも
元々は伊藤賢一さんのギターなんですから。










posted by アラフィフおやじ at 12:06| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ