2018年06月26日

思い出のU-TAB それはゆうさんの「ガーベラ」 

ソロギ好きのみなさん
随分ご無沙汰しておりました。

今年は梅雨明けが早いとのこと
もうすぐ暑い厚い夏がやってきますね。

おやじのソロギ演奏の原点はわたなべゆうさんの曲を弾こう
というよっさん@アコギさん主催の集まりU-TAB 

あの頃、ゆうさんのライブにてガーベラを合奏するという
企画がありまして、ご本人さんとステージで弾かせてもらったこと
とても思い出深いことでした。

もちろんそこにはギタ友のohtaさんもおられました。

7月、早いものでohtaさんが他界されて半年が経とうとしています。

このたび、奥様主催で伊藤賢一さんにもお越し頂いて
ohtaさんの偲ぶ会が開催されます。

U-TABのメンバーさんが遠く神奈川からそして和歌山から
駆けつけてくれるとのこと。

当日、集まったみなさんの演奏でohtaさんを偲びましょう
と言うことになっております。

その時に、あの頃みんなで弾いたガーベラを弾いてみたい
そんな声もいただいています。

私も最近はレギュラーチューニングばかりで
オープンチューニングは弾いていませんでしたので
久しぶりに練習してみました。

弾いてみると懐かしい思い出がよみがえります。
久しぶりだったのでどんな風に弾けるのか
確認のために録音してみました。

やはり、あちこち雑になっていました。




当日はohtaさんと共に弾いた日を思い出しながら
当日演奏できたらと思います。

posted by アラフィフおやじ at 22:11| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ