2018年04月13日

練習は欠かさず

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

いやぁ夏の様に暑くなったり冬に逆戻りしたり
なんとも安定しない気候ですね。

さて、じじいは普段座っているソファの目の前に
ギターをスタンドに立てております。

つまり、ソファーに座ればギターを弾ける状態ですので
毎朝欠かさず練習をしてしまうわけです。

ギターを弾いたあとケースに直される方も
結構おられると思いますが
今度弾く時にまたケースから出すのがじじいは
面倒くさくてですね、だから出しっぱなしです(^-^;

最近は弾ける曲をなぞるのをやめて
ひとつづの音を意識してしっかり弾くことに
努めております。

故にゆっくり弾くことになるのですが
これが結構いい練習になる。

ギターは毎日弾く、それはじじいだから!?(笑
じじいになると忘れることも多くなる
少し弾かずにいると指が忘れてしまう。

ソロギを弾くと右手左手の細かい運動になる
そうすると脳の血流が増えるとのこと
認知症予防にもいいかもしれない^^

そんなわけで、ブログ更新はなかなか進みませんが
ギターは毎日弾いているというお話でした。

内容のないことでスミマセンm(__)m

こんなマニアックな辺ぴなブログでも毎日
沢山の方が訪ねて下さって感謝です。
いや、驚きの毎日ですm(__)m


posted by アラフィフおやじ at 14:13| Comment(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

弾く人によってギターの音は決まる?

ソロギ好きのみなさんこんにちは!
おやじです

先日、ギタ友の池ちゃんと久しぶりに
ギター談義に花を咲かせておりました。

その時におやじの手元のバラニックの音が滲むような気がするんやけど・・・
どうしてだろう?とそんな話をしておりました。

Mike Baranik ご存知の方はオタク?かも(笑
アメリカンの所謂第三世代の中堅どころのルシアーさん
Joe Striebel、Jason Kostalなどのルシアーさんと並ぶ感じでしょうか。


Mike Baranikは木工の仕事をしていたとのことでその技術を身につけ
ギター作成にも活かしているとのこと。
彼の紹介記事には造形が美しいと評価されている所以だろうか。

おやじなぞ、このシンプルなシルエットがなんとも美しいと思う^^


cx.jpg


このギターはピエゾのピックアップがついているのですが、その配線の関係か
音に微妙な影響があって滲むって感じるのかも・・と池ちゃん談

で、彼によるとこのギターのサウンドは澄み切った湖を想像させるのだそう
こんな感じなのだろうか??

blue-pond-2.jpg

でも、弾いている当の本人はよくわかっていない(^-^;
そんなわけで、第三者の耳で聞くのが一番と録音して聞いてみる。

こんかいはMP3に圧縮すると分かり難いのでWAVの音源をサウンドクラウドに置いてみた。
音源は後加工をしていないので、録音したままの音になってます。


それがこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓
https://soundcloud.com/sasun/mike-baranikwav


そしていつも弾いていて音の分離と和音の美しさを感じている
大屋建氏の所謂Oyaギター

DSC07080 (2).JPG


大屋さんのギターはそのサウンドと共にショートスケールの仕上がりになっているので
押弦が随分楽なのとネック巾が45oと結構幅広なのだけれど、
この巾の広さが音にかなり影響があるようにも思うわけです。

そのサウンドがこちら
↓ ↓ ↓ ↓

https://soundcloud.com/sasun/ken-oyawav


でも、こうして音を並べて聞き比べてみると、ギターの本来の音よりも
自分のピッキングの音になっているような気がしてしまう。

じっくり聞いてみると、音の雰囲気が違う感じを受けるけれど
たぶん、オタクでない人が聞くと同じに聞こえるかもしれない^^

となると、ギターのサウンドは弾き手のピッキングに大きく影響されて
その人個人の音に行きついてしまうのかもしれないと。

プロのギタリストさんの音を聞くと、大体、あぁこの音は誰それの演奏だな
と何となくわかったりするのは、その人の音のクセを聞いて覚えているからなのかもしれない。

ここにUPした音がじつはおやじの音なのだろう。

踊り子の唄はわたなべゆうさんの楽曲で彼自身が弾く音とは
まるで別物だということからもわかるような気がするのだけれど。






posted by アラフィフおやじ at 11:41| Comment(8) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

「花」

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

先日、ギタ友の池ちゃんが岸部さんの「花」の動画を撮ったよ〜
と送ってくれました。

息子さんも音楽をするので、録音した音源にリバーブを掛けて
岸部さんチックにしたということでいい感じに仕上がってました。

岸部さんといえば、岸部リバーブ!? 
今の演奏は分かりませんが、私もかのリバーブに憧れた時期があり
巷でうわさだったレキシコンを購入して深いリバーブにはまった
そんな時期もありました。

item_20160619lxp1_1.jpg

時は流れて今は生音だけになりましたが^^

岸部さんの「花」は私がソロギを初めて弾いてみようと思いたって
年末年始に必死で練習したけれど、結局弾けないで終わった曲です。

それから1年くらい練習してやっと曲に聞こえるようになったかで
とても嬉しかった思い出があります。

ソロギを弾き始めた方で、この「花」から練習される方もおられるかも?

そんなこんなで、数年ぶりに私も「花」弾いてみようかなと思いまして
ちょっと録音してみました。

録ったままの音でリバーブなどの後処理はしていません
そのままの音だとごまかしが効かないので
自分の演奏の悪さがよく分かっていい反面、
恥ずかしい気持ちもあります。

しかし、上手く弾けない部分がはっきりしてどこを直せばいいか
自分が第三者の耳でチェックできるのがいいところです。

ソロギを練習し始めた方が読まれていたら
ぜひ、自分の演奏を録音して聞くことをおススメいたします。

演奏は相変わらずですが、聞かれる方は音量に気をつけてくださいませm( __ __ )m






posted by アラフィフおやじ at 00:13| Comment(4) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ