2018年01月29日

Joe Striebel

ソロギ好きの皆さん
こんにちは、おやじです。

空気が乾燥しているこの時期、ギターの管理が
気になりますが、鳴は良いですよね。
ギターの音色にとっぷりつかる夜を過ごしています。

先日のとあるご報告をお聞きして驚きました。
ギターつながりで仲良くしてくださっている方が
昨年末に購入された、ルシアーさんのギター(新品)が、
なんと購入から数日で突然ブリッジが剥がれたと(驚

買われるまでにいろいろ悩まれて最後にこれ!と決めて購入されたのに、
購入して数日後にギターケースを開けたらブリッジが完全に剥がれて宙ぶらりん!
経年劣化で数年、数十年経つとブリッジの浮きがでる可能性は聞きますが
数日で剥がれるなんてそんなこと・・・(ショック

--------------------------------------------------

ルシアーさんのギターってある意味憧れでもありますよね
ファクトリーものとは一線を画し、製作者の思い入れのあるギター。

個人的にアコギの音でもクラシックギターサウンドのように
角の立たない甘めの音が好きなんです。バランスの良さはもちろん
倍音が付いてサスティーンが長くそれでいて各弦の音の分離が明確なもの^^

まぁ、そんなことはさて置きまして
2012年にも書いていますがおやじヨーロピアンサウンドのギター
結構気に入っています。

その代表格と言えばANTONIUS MULLER [アントニウス・ミュラー]でしょうか。

DSC03413.jpg

そして、中堅どころのJoe Striebel「ジョー・ストリーベル」のサウンド好みなんです。
ご本人の顔からも想像できるかもしれませんよね(^O^)
startseite2.jpg
若手ながらマイスターの称号を持つだけあってその造りは細部にわたるまで
作り込みの精度は高いと思います。

shapeimage_4.JPG

ちなみにそのサウンドですが(参考までに)
ドルフィン 細川MASHさんの動画から



アメリカンサウンドとは違うヨーロピアンサウンド
機会がありましたら一度弾いてみていください。
















posted by アラフィフおやじ at 17:31| Comment(8) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ