2017年10月05日

ソロギが上手くなる道のりは遠いのだ

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

以前から指を立てるだの垂直だのって
うるさい!って言われるくらい書いてますが
最近は小指の押弦の時に力が上から入るように
練習しております。

結構、人差し指、中指はグッと力が入りますが
薬指になると少し力が弱まり小指になると更に
非力になりますよね。

その為にも指がしっかり屈伸するように
意識しながら押弦するようにしているってわけです^^

さて、ソロギが上手くなりたいと思っている人は
アマチュアの人(私も含め)結構おられることとおもいます。

でね、前から思っていたんですが
エレキを弾いていた人やアコギをバンドで
バッキングとして弾くことに拘っている人が
ソロギを弾くと上手いのに共通点があるのでは?と

それから、鉄弦を弾く前にクラシックを習っていた人は
文句なしにソロギが上手い。

これはクラギは基本指で弾くための基礎知識を
徹底的に教えられるからなのは想像に難くないですよね。

まぁ幼少の頃からギターに触れられる環境っていうのも
物凄く大きな要素としてあるんでしょうが・・・

で、最近よく見てるyoutubeの動画が「龍藏」さんのやつです。
ご存知の方もおられるかな?

以前はこの人アマチュアだと思ってまして
随分上手い人だなと感心していたのです。

が、この動画を見て ありゃ プロの人だ!と知ったのです。
そりゃ上手いはずだわね^^

この人の動画の中に、
(雑談前半)龍藏Ryuzoの経歴、今までの練習等紹介
というのがUPされていてそれを見てわかったんですよ。

それがこれ


この動画を見ると、ソロギが上手くなるマイルストーンが
明らかにされていて、そりゃこれだけやれば上手くなるわなぁとね^^

でも逆にいうとここまでしないと、龍藏さんレベルにはならない
ってことかもしれません。

ん〜今更、音楽学校に2年間も通うって
そんなことはあり得ないしなぁ(笑

アマチュアレベルで楽しむのだから
ここまでストイックにってことは必要ないのかもですが
ま、一朝一夕には上手くなることはないってことですわね。

posted by アラフィフおやじ at 14:42| Comment(9) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ