2017年08月03日

ギター本体選び おやじが憧れた1本

ソロギすきの皆さん
こんにちは、おやじです。

ええ、今日で4日連続 お!おやじどうした?
山は行かんのか?と言われそうですが
書ける勢いのある時に書いてしまおうかと^^

わたしがソロギに出合ってソロギというものを
弾いてみたいと思ってからかなりの年月が流れました。

始めて1年目位の時、ギターの良し悪しなんかが全くわからない、
youtubeにUPされている方のギターの音はどれも素晴らしく聞こえたし、
このギターを手にしたらこんな素晴らしい音で自分も弾けるのだ!
と思っていました(世間知らず

無知というのは恐ろしいことです
このブログにも何度も書いていますがyoutubeにUPされている音源のほとんどは
何かしら後加工されていますからね、もしそのギターを弾くチャンスがあったとして
生の音を聞いた時に あれ?と思わないよう気を付けておいてくださいヨ^^

あ、このブログ内にUPしているおやじの音源は基本後加工なしです(`・ω・´)ゞ

そんなわたしでしたが、それでもこのギターの音はどうしたことだ!
もう何だか居ても立っても居られない気持ちになったことがありました。

その出会いは、ギタリスト 竹内いちろさんの演奏に出会った時でした。
いちろさんといえば2005年のFPDの優勝者さん。
そしてその曲が「Go Home」だったのです。


演奏とともにこのギターサウンドに夢中になりました。
その音色は1,2弦の所謂裸弦の音が金属的でなくて
バイオリンのような音色というのかピアノのような音と言うか、
そして巻弦の特に3,4弦の音が鼻にかかった甘い音がする。

DSC07080 (2).JPG

それから、あれこれ調べたりしてギター本体のことも
だんだんと知るようになってきた時に、
じつは大屋建さんという方が個人で作られたギターだと知るのです。

いちろさんのライブにも出かけて、実際にご本人のギターを
弾かせて頂けるチャンスもありました。
その時は舞い上がって記憶に薄いのですが(恥

そして、youtubeを徘徊している時に出会ったのが
Denpo-Gの中神さんの演奏でした。


そして、近年は伊藤賢一さんのギターと演奏でしょう
最新のアルバム 「Another Frame」は圧巻と言ってもいいかもしれません。

これは少し前の伊藤さんの動画ですが



いつかこのギターを手にしたいと思って
何度も楽器店を徘徊していたと記憶しています。

今では楽器店で出会えることはほとんどないことも
わかっているのですが、当時はきっと出会いがあると信じていました。

一度だけドルフィンさんで出会えるかもと思ったことがありましたが
予約を先にされていた方がおられたそうで、手元には来ませんでした^^

その時に次の予約を入れてもらいましたが
結局10年近く経ってもお声は掛かっておりません(笑

当時、ソロギ仲間さんのお持ちのギターは
テイラーやモーリス、フォルヒと言ったファクトリーものでした。

個人製作家のギターは値段も高くお金持ちの
一部の人の趣味の世界のものだとも思っていました。
だってギターに40万や50万って(今では80万とかになってますが^^)

今ではファクトリーものでも100万なんてのもあるし
ルシアーものでは300万なんてのもあるのも知ってしまったので
驚きはしませんがネ、買える買えないは別ですけど^^

そんな時に神奈川の古谷さんというルシアーさんのギターとのご縁がありました。
あの頃USEDで30弱だったと思います、それはそれは光輝いて見えた。
でも女房がその値段を店員さんから聞いて
その後はまったく無視されたのを思い出します(爆

それ以降、ブログの今までに弾いたギターにも書いている通り
楽器店やギターフェスなどでいろんなギターを弾かせてもらいました。

中にはソロギを弾く人があこがれると言われる
ソモギ氏のギターやオルソン氏のギターを弾いた時に
素晴らしいなと思う個体にも出会えましたが、
何がなんでもと思うまでは至らなかったのです。

結局、最初に物凄いインパクトを受けてしまった音色は
初恋の人と同じようにいつまでも心に残るのかもしれません(なんちゃって^^

しかし、実際に自分がそのギターを手にして感じているのは
その音色もさることながら、各弦のバランスの良さや和音を弾いた時の
音の美しさ、ここ一番で入力した時に音が破断しないポテンシャルの高さは
弾き手にストレスを感じさることなくギターを弾くことを楽しめると言うことでした。

わたしは大屋さんのギターが良いと思っているだけで
皆さんはみなさんなりにご贔屓のギターがあることと思います。

昨日のトラゴットもそうだし、ソモギ氏のギターもその低音は
驚きの響きですし、オルソンの音の太さは特筆ものだと思います。

これから理想のギターを探そうと思っておられる方は
自分の好みの音を探すことから始めるのもいいかもしれません。

憧れのプロのギターも良いですが、自分自身がストレスを感じない
そんなギターに出会われることお祈りして今日のお話しは終わりたいと思います。

最後までお付き合いありがとうございましたm(__)m






posted by アラフィフおやじ at 15:24| Comment(4) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ