2017年08月02日

「ギター本体選び」非難多数かも(^-^;

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

ギター本体のことを書くのは
これ個人の好き好きなのでどうかと思うのだけれど
もし、ギターをこれから買うとおもっているけど
実際にじゃぁどう選べばいいのだ?と聞かれたら・・

好きなのを選べと言われても、その好きの基準がない
試奏しろと言われても高額ギターの並ぶ楽器店で
落ち着いて弾けない!そんな声が聞こえて来そうです。

では、どうやって選ぶ?
と言うことでおやじならの視点で選んでみましょう(笑

最近は楽器店さんが動画をUPされていることが多くなり
結構ギターの音を聞ける環境になっています。
(昔はほとんどなかったけど、今は良い時代だぁ)

今回はドルフィンさんの動画を勝手にお借りしてみました。
勝手にブログに使うな!とお叱りを受けたら即取り下げますm(__)m

個人的にですが、弾き手を担っておられる方の中で
一番オーソドックスで私が良いなと思う方が
ギタリスト古川忠義さんなので古川さんの動画でいってみましょう。

SWITCH・MUKAEGUITAR・UCHIDAGUITAR・COLLINGS・MARTIN・JEFFTRAUGOTT
の6本から値段等は別にしてこの中から1本どうぞと言われたらどれを選ぶか?



SWITCH SCOM-2HC ドルフィンさんのオリジナルギターですね
製作は確か寺田楽器さん?かな ファクトリーものですがとてもバランスが良く
出音も素直で弾いていてストレスを感じないと思います。
何もわからない!という人はこのギターを選んで失敗した!ってことはないかと。
ただ、音に花があるかはまた別?かも(^-^;



ルシアー向江良太さんのギター 巨匠 Sergei de jongeのもとで学ばれた方
音色はルシアーさんの個性があるクラシカルなサウンド 各弦の音はシンプルで
無駄な倍音が付いておらずひとつづつの音の分離が良いように聞こえます。
でも、おやじ自身の技量では弾きこなせないかも^^



ルシアー 内田光広氏のギター かのローデンの工場長を歴任され独立されたとのこと。
なかなか内田さんのギターは市中でお目に掛かれないと聞きます。
深く重い独特のサウンド この音が好きという方にはたまらない響きだと思います。
オヤジ的にこのギターで自分が弾ける曲はなんだろう?と思うと見つけられない
素人下手くそのわたしには手ごわそう(汗
ただ、内田氏のギターは本当に1ずつ個性が違ったように記憶しているので
自分が欲しい音が明確な人はオーダーすることで具現化できるのだと思います。



Collings OM-2H アディロンにハカランダ コリングス恐るべし!
このサウンド聞いた瞬間にお尻の穴がキュとなる(何て例えだ^^
硬質である意味狡猾なハカランダの響きをアディロンが強調している感じでしょうか
個人的にはどちらかというとストロークにも合うんではないかしらと
所謂マーティン45との双璧のサウンドのような。
ということで、ソロギを弾くことだけを考えると扱いに窮するかもです。
しかしスゴイサウンドだなぁ



言わずと知れたMARTIN CTM D-45 マーティンの最高峰
アコギと言えば王道は間違いなくマーティンでしょう!
こう書いても誰からもきっと反論されないと思いながら^^

さて、このマーティンサウンド、音のバランス出音、何も言うことはないのですが
このギターを抱えてソロギを弾くかというとそれはどうなのか?
ね!きっとそう思うのはおやじだけではないでしょ?

こりゃ家宝ににして飾っておきたい^^



巨匠 Jeff Traugott え?だれそれ?ってですか^^
かのサンタクルズで経験を積んで独立したソモジ氏と知名度を二分するくらいの
実力派ルシアーさん。

個人的にこの音の出方のギター弾いてみたいと思います。
圧倒的な低音の出方に負けない高音弦の力強さはソロギを弾いても
間違いなく主旋律は歌ってくれることでしょう。

このギターもアディロン・ハカランダ コリングスやマーティンと
全く違った方向のサウンドだと思うのはおやじだけでしょうか?

さて、6本のギターを見て来ましたが、どれか1本どうぞと言われたら
おやじはトラゴットを選ぶかなと思います。

ギターって本当に1本いっぽん個性的でどれが良い悪いではなくて
どれが自分の弾くスタイルにあっていて弾きやすい音と感じるかだと思います。

まずは、実際にギターに触れて響きを体で感じて今の自分に
一番しっくりくると思うものを選べば間違いないでしょう。

ただ、値段の方はまた別問題ですよね
財布の中身は考えなくていい人は迷わず好きなものを
おやじのように小市民で財布を振ったら小銭がいっぱいって方は
財布と相談してお決め下さい(笑

ん〜あんまり参考にならなかったか・・・
posted by アラフィフおやじ at 14:54| Comment(6) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ