2017年08月01日

生音の追求は果てしなく続く(ギター編含む)

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです。

昨日は生音禅問答お付き合いありがとうございました^^

ようは、ソロギターを弾く時におやじはちゃんと歌ってくれる
そんな演奏になればいいなと思っております。

とりあえず、譜面上の音をひくだけだと伴奏も主旋律も
区別がつきにくくなんだかギター伴奏を聞いている感じになる。

と書いたところで ん? どゆこと? わららん!
と聞こえてきそうなので音源をつけてみます。

まずはお聞きくだされ

1フレーズを弾いてますが、
最初が伴奏だけに聞こえる?今までの弾き方
後の方が主旋律が聞こえて あぁこんな曲なんだなと
分かる?指の使い方、構え方を変えた後の弾き方です。



さて、いかがでしょう?
え?よくわからん?ってですか^^
それは困った・・・(笑

本当は歌モノのアレンジを弾くと分かりやすかったかも
でも、もう音源UPしてるしね お許しください。

つまり、1,2弦の主旋律を弾く時に中指と薬指をどう弾弦するかで
表現できたらと思っているわけです。

意識しなければ結局メリハリの無い演奏になってしまうわけで
伴奏をしながら歌を歌わせることを別に考えて弾かなければいけない
そこがソロギの難しいところでもあるのでしょうね。

少し伴奏と主旋律を別に考えられるように
なりつつあると自分で思っている?だけかも?な
おやじの演奏をどうぞ^^
(加工なしの音です)



そして、大事にになるポイントがあります。
どれだけその難儀な奏法をマスターしたとしても
その演奏に応えてくれるギターでないと思い通りの
表現にはなりにくいと言うこと。

もちろん、そのギターの特性を知って更に強弱をつけて
弾けばいいわけですが、そうするとタッチを強調するために
無理に力を入れないといけないようなことをしないといけなくなる。

これではとても弾いていて疲れてくるわけです。

おやじが最初のころ天然リバーブの効いた残響音の多いギターが
いいと思っておりました。耳障りはいいですからね^^

でも、音が混ざるようなギターはソロギには向いていないのではないか?
いつしかそう思うようになりました。

6弦それぞれがお互いに干渉しあわずそれでいて和音がまとまり
無理なタッチで弾かなくても主旋律を明瞭に押し出して尚
全体の音をまとめてくれるギター。

そんなギターがあれば自分の思うように弾けるのかもしれないと。

今現在、ファクトリーものやルシアーもののギターは多数存在します。
その中で自分の望む音を出してくれるギターを見つけるのは簡単ではありません。

また、電装してラインから音を出して演奏するのがメインだと言う方には
上記の限りではありませんので、エフェクトの音を邪魔しない出音のギターを
探さねばならないのかもしれません。

あくまで生音でという前提で書いてみました。

ちなみに、私が今使っているのは
Ken Oya
Mike Baranik
TAYLOR
HEADWAY
の4本が鉄弦です

同じメーカー同じルシアーのギターでも
材やサイズなどによって1本ずつ音が違うわけですので
ひたすら試奏をしながら探して行くのですが
なかなか遠い道のりになりますよね。

だから、アコギ本体の本やネット上の情報
プロが弾いているギターなどから探すことになろうかと思います。

でも、人の情報というのは必ずしも自分の求めるものと
ピッタリあてはまっているとは限りません。

くれぐれも見たり聞いたりする情報だけで判断なされませんように
すばらしいギターとの出合いがありますように。










posted by アラフィフおやじ at 21:39| Comment(2) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ