2017年02月12日

懐かしの FG-160

ソロギ好きのみなさん
こんにちは、おやじです

って先回の日記が1月13日
今日はというと2月の12日

と言うことは1ヶ月ぶりの更新

それでも日々こんな辺鄙なブログに
訪れてくださる方がおられることに感謝ですm( __ __ )m

今日は、懐かしい〜という人もおられるかも
ヤマハ FG-160 俗に言う グリーンラベルです。

先日、実家の物置を整理しておりましたら
ビニールケースに入ったギターらしきものを発見

ジッパーをあけてみるとそこには
ええ、このFG-160が入っておりました。

DSC07470.JPG

DSC07473.JPG

シリアルNoが5桁のもの、多分1970年後半製
おやじが高校生の時にスーパーマーケットの中に入っていた
楽器屋ではじめて買ったものだと思われます。

そすると40年はたっている

FG-160 その番号の通り16000円のギター?

S&Bはマホガニー いや サペリかも(*'へ'*) ンー

ともあれ、あまりに懐かしいので家に連れて帰ってきました。

ピックガードにはシールのあとやらビニールケースが
劣化してバックの板にこびりついてしまった跡があるものの
ネックもボディも経年劣化を起こすことなく現役で使えそうです。

とりあえず、弦を張ることを考えてエリクサーを用意しておりましたが
もし鳴りがダメなら弦がもったいないと貧乏癖がでて
手元にあったヘッドウェイのエキストラライトゲージを張ってみました^^

弦高は6弦で3.5mmあるので流石指弾きするなら下げないとですが
とりあえず、どんな音がしてるか録音してみる。

エキストラですから1,2弦の音は悲しいけれど、
それなりに鳴るもんですねぇ



いまどき廉価版のギターって大概海外製品
メイドインジャパン!っていうのがいいなぁ

ギター本体も演奏性や音の出方を追いかけてしまうと
奥は深いのでしょうが、ちょっと音を鳴らして楽しむギター
と考えればこのグリーンラベルのFG-160
(今でも往年の価格とおなじくらいで販売されている)
でも十分楽しめるのかもしれませんね。






posted by アラフィフおやじ at 16:48| Comment(8) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ