2016年08月07日

Keystone Stringed Instruments

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

先日、って言っても1週間経ってしまった^^
かわせみ邸での池ちゃんNewGuiterお披露目会オフ
がありました。

DSCF6187.JPG

池ちゃん、先般コリングス買ったけど
更に心躍るギターみつけたのね〜(^O^)
GASではないけどやっぱり音の追求は永遠なのかしらん^^

今回のNewGuiterはKeystone Stringed Instrumentsの
西さんのギター こちらね

keystone_mod-dc_mad_6198_sp.jpg

西さんと言えばMario Beauregard氏の所で修行なされた方
マリオというと、ソモジ氏の直系のお弟子さん
西さんもソモジ氏の間接的影響があるのでしょうか。

ダウンロード.jpg

2014年くらいから西さんの音に変化があったように
個人的にですが思うんです。
サウンドメッセの時にご本人と話しをしていて
ご自身もそのようなことをおっしゃってましたから
間違いでもないのでしょう。

多分ですがソロギターに特化した音のバランスのギターを
サウンドメッセの時に出品されたのでしょうね。
今まではどちらかというとバーサタイルタイプだったのかも?^^

音源をと思って録音したけれど、さすがにオフ会の所では録り切れない
楽しいオフ会の時間みんなで騒いでるのでね^^

サウンドとしては硬めの音かなと思うけれど
MDサイズから醸し出される音の深みや高音側の
甘い音の出方はバランスの良さと相まって
西さん独自の音になってる。

でも池ちゃん2弦の出音が・・って
凄いなぁ おじさんの耳では聞き分けられなくて(^-^;
さっそくオルカギターにて調整の旅にでましたぞよ

今回のオフ会の時にも話題に上ってましたが
同じギターで同じ曲を弾き手違いで聞くと
面白いくらい音が違う。

その人の音ってのがあって、
聞くとあぁ○○さんの音だってわかるらしい。

結局自分の演奏に合う、自分が出したい音がでる
そんなギターに巡り合えば幸せなのかもしれない。

それがなかなか出会わないからこそ
ギター探しの旅は終わりがないんでしょうね(^O^)/



posted by アラフィフおやじ at 11:28| Comment(12) | アコギ本体について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

オフ会の原点

ソロギすきのみなさん
こんにちは、お盆休み中のおやじです^^

オフ会というと数名から数十名が実際に集まって
仲間内でのギター談義、ギター演奏と
楽しい時間を共に過ごせる素敵な時間です。

でも、参加人数が多くなればどうしても
その内容は薄くなりがちなんですよ

最近のオフ会というとプロをお呼びしての
レッスンやライブをメインにというのが主流でしょうか。

おやじ自身はオフ会というと
少人数で濃厚な内容のものも大事にしたい派なのです。

このあたりは、師匠よっさん@アコギさんと
昔そんな話をしながら二人オフ会をしてもらった
記憶があるからかもしれません。

昨日はIちゃんとその二人オフ会

こういう時こそギターを弾くことをメインに
じっくり楽しむことを考えて場所を選んだのが
ライブcafe「葉音」さん

P7026496.jpg

ここのオーナーさんとおやじ懇意な関係にあるので
置きギターをさせてもらっている所です。

ここはお客様が常時出入りするのですが
基本、お邪魔すると生ギターの演奏をお客さんに
聞かせて上げてと自由に演奏をさせてもらえます。

昨日もお客様の入れ替わりがある中
二人でかわるがわる演奏をさせてもらえました。

一般の方の前で演奏する機会があるオフ会って
ちょっと特別で、なかなかそんなオフ会って無い。

生音の良さを愛しそのギターの音色を
ギター演奏を知らない人に届けることができる
そんなチャンスを十二分に堪能できたオフ会でした。

いやぁ、Iちゃん 濃厚なオフ会やったねぇ
コリングスとOyaギターの音色に聞き入ってもらえて
拍手までもらえて演奏する楽しさも感じられた。

ソロギって自分ひとりで弾いて
その音色を楽しめるのもすばらしいけれど
せっかく練習して1曲でも弾けるようになったら
その1曲を心を込めて弾けるようになるまで練習して
誰かに聞いてもらうというのも有意義なこと

自分自身が楽しむのに新しい曲に次々とチャレンジして
弾けるようになるのも確かに楽しいのですが
自分のことや仲間内だけでなくてソロギを知らない人に
少しでもソロギの良さを知ってもらうこともソロギを弾けるように
なった人の務めでもあるかもしれません。

アマチュアなんだからスゴイ演奏でなくても
心のこもった演奏を届けられたら聞き手には十分伝わると思うのです。

仲間内では難しい曲を弾きこなせることがスゴイといわれるかも知れないけれど
一般の人は演奏技術がスゴイことを評価するのではなく
耳に届いてくる生ギターの音を素直に楽しんでくださるものだと思います。

初心者の人でも1曲弾けるようになったら
それをしっかり練習して人前で弾いてみることを
ぜひおススメしたいとおもいます。

え、私にはそんな機会も場所もないのに・・・
と言う方がおられましたら時間と距離が許せますなら
オフ会ご一緒しましょう。







posted by アラフィフおやじ at 09:36| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

ソロギの右手 マスターしたいピッキング

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

お盆休みも今日まで
もしかしたらこのお休みにソロギの練習に
一生懸命だったあなたがおられるかもしれませんね^^

先日の池ちゃんとのオフ会の時にも
話題になっていた右手の使い方。

ギターを弾くときは右手と左手の使い方が
重要なポイントだと言うことは誰もが知っていますよね

で、そんな右手や左手のことをこのブログでも
あちこちに書いているとおもいます(スミマセンまとめてなくて(^^;

おやじが何年かソロギを弾いてきて
やっぱりこれだなと思っている右手のピッキングのポイントは
弾弦の前に弦の上に指を置くことなんです。

一連の流れの中で弾く前に弦の上に指を置くって
そんなことできるのか、あるいは弾いているのをみても
そんな風に見えないが・・と言われるかもしれませんので
今日は動画を撮ってみましたので興味のある方はご覧に
なってみてください。



レギュラーチューニングのEでアルペジオを弾いています。

最初の方が弾く前に弦の上に指を置いてから弾いています。
動画と音をじっくり見てもらうと音が出る前に指が弦の上に
あるのがわかるかと思います。

後半は極端ですが、指を振り子のように動かして
弾弦しているので弦と指先が当たる瞬間まで
音がでません。

指を弦の上に置いてから弾くことで
得られるメリットはと言うと

○ 弦をはじく力をコントロールできる
  弾き損じがかなり軽減できること。

  動画でも指を弦の上に置いてから弾いている方は
  1,2,3弦の音の大きさに大きな差異はない反面
  指をスイングしながら弾く後半の弾き方では
  1弦の音が2,3弦の音より小さくなる傾向にあるのが
  わかられるかもしれません。

○ 弦を縦振動で弾けるので芯のある太い
  大きな音を出せることができる。

  弦の上に指を置くことで指先の肉の部分から
  弦を押し込みながら爪の先に抜ける弾きかたになるので
  1弦でも太く大きな音を出せるわけです。
  

そんなめんどくさいことしたくない
ただ好きなソロギを弾ければいいねん
って言われる人もおられることでしょう^^

それはそれで良いことだと思います。
ソロギは自分が楽しむために弾くんですもんね^^

でも、いつか生のギターの音を追求し出す時が来たら
結構役に立つんではないかと^^

ピッキングって思いのほか奥が深い
信じるも信じないもあなた次第です(^▽^)


posted by アラフィフおやじ at 15:09| Comment(2) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ