2019年05月21日

サウンドメッセ2019とオフ会

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

ぼーとしていると月日はどんどん過ぎて(;^ω^)

サウンドメッセ2019 No2ですが
この日は2つの出来事がありました。

一つはギタ友の池ちゃんの息子さんが
サウンドメッセのステージデビューと言うことで
楽しみにしておりました。

彼は現在CallSlowというバンドでプロデビューしていて
個人でも精力的に活動しているので以前からCDを聞かせてもらって
良い感じのグループだなとおもっておりました。

バンドの演奏はこちら



今回のサウンドメッセでは個人でアコギを持っての演奏
500x500.jpg

思いを曲にしてその心の叫びを届けることで共感する人がいる
そして音楽の輪が広がる、若い力も素晴らしい!

これからの彼らの活度を楽しみにしたいと思いました。

そして、今回のサウンドメッセではかわせみさんを通じてのご縁を頂いた
「はる」さんとも一緒に各種ブースを回らせてもらいました。

はるさん、以前からMartin Laurence Juberモデルを探しておられて
それが、OMC-28か18かどちらかは聞かなかったのですが^^
なかなか玉がなんですよね
28の動画がこちら


で、クロサワさんのブースであれこれ見ていると
000-42がとOM-42がなんとサンドメッセ価格で出ておりました!

かわせみさん、早々に大阪人交渉(笑

ながれで、なんと、はるさん000-42をGetされました!(スゴ

今回のオフ会でこの42を弾けるのを楽しみにしておりましたが
ちょっとアクシデントがありましてクロサワに調整をしてもらうのに
お出かけということで次月のオフ会にお披露目かいをすることに

6d7d3e56611eecf38495ad7720f50cf5e27537.jpg

来月が楽しみです!

私はマーチンフリークではないので、詳しくはわからないのですが
それでも1970年代のD-18を学生時代から弾いており結構マーチンの音は
体にしみこんでるって思ってるんです^^
で、最近Dサイズを持つことはないのですが、マーチンについては
オーセンティックの28と18を弾いた時に、あぁ!良いなぁ
これなら欲しくなるよなぁと思った記憶があります。

000-42もオーセンティックがあるんですね
102871.jpg

ヨウツベにUPされてるサウンドを聞いてもいいなぁと



でもお値段がねぇ・・・
すごいなぁ、こんどはるさんオーセンティック買わんかなぁ♪


posted by アラフィフおやじ at 12:08| Comment(3) | オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

ギターの3弦の音は特別なんだろうか?

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

サウンドメッセNo2の記事は次回
今回は、3弦の音についてなのですが・・

みなさんはギターの各弦の響きに
何か違和感を感じたことはあるでしょうか?

おやじは演奏はいまいちのくせに
生音だけはフェチなところがありまして(;^ω^)

ギターを立ててサウンドホールを自分にむけて
6弦から順番に1弦に向けてはじいた時の音

6,5,4と気持ちよく響くのに3弦になると
あれ?曇ったような詰まったような音に
そして2弦1弦はまた美しく響く

つまり3弦だけが異質な音に聞こえることが
私が弾いたギターに結構あるんですよ
それはルシアーものでもファクトリーものでも

ギターショップの担当君にもクラギでも
3弦の音が綺麗にだせるのは簡単でないと
聞いたこともあります。

先日のサウンドメッセの時にもそれを感じる事が多くてね

確かにギターの音は全体のバランスや製作者の音作りの
意図するところもあるでしょうから3弦の音だけにこだわるのは
とは思うですが、実際にソロギを弾く時に弦の響きが曇っていると
何かこうもやもやした気持ちになって^^

いろいろ調べると3弦の音は196Hz 
この音は共振に起因する音つまりに関係があるらしい
参照したのがこちら 「ボディの振動力学」


ウルフトーンはよく知られた音づまり
だが3弦の開放の音が曇るのは押弦の中で
発生するものではないのでね

それ以外にナットの溝の切り方やサドル側の面の作り
そして弦とギターの相性もあるのだろうか

それにしても3弦の音が他の巻弦とそして
裸弦とも違和感のなかったのが
平光さんのギターだった

つまり3弦につまりを感じないギターがあるわけで
全ての新しいギターで起こる現象ではないってことかなと

私の愛機である大屋さんのギターは6から1弦の音の差が
ほとんど感じることがないくらい裸弦と巻弦に差がなく
抜けの良い音を奏でてくれる。

新しく仲間入りした鈴川さんのは最初3,2,1と
抜けが悪いと感じていたのだけれど
約半年弾きこんで最近3弦の音が開きだした(抜けてきた)
最後2弦の音がまだ開いていないけれどね

こうして弾き込みをしていくうちに
多くのギターも3弦の音が開いてくるのだろうか

でも何故最初から3弦が曇っていたり抜けていたりするのだろう
みなさんのギターはどうでしょう?

と、フェチのこだわり話でスミマセン

今日はここまでです






posted by アラフィフおやじ at 15:09| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

2019サウンドメッセに行ってきました その1

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです。

気が付けば5月も中旬
早いですねぇ、え?6月になると
今年も半分過ぎる?(恐ろしい

さて、先日12日は大阪南港ATCでサウンドメッセが
開催されましたので覗きにいってまいりました。

DSC09664.JPG

当日はかわせみさん、きのぴーさん、池ちゃん、春さん、とおやじの5人でワイワイと(^▽^)/

アコギのブースにはいって少し行くと人だかり
誰だろう?とのぞくと岸部さんの演奏が始まりました。

DSC09668.JPG

さて、しばし演奏を堪能してルシアーさんのギターをあれこれ
見せてもらいながら、気になったギターを弾かせてもらいましたヨ

このところ、サンドメッセと東京ハンドクラフトフェスが1週違いで
開催されるタイミングになり、弾いてみたい古谷さんや正田さん
西原さんが参加されていなかったのが残念でした。

DSC09669.JPG

DSC09673.JPG

DSC09676.JPG

DSC09681.JPG

個別のギターの完成度は高くあれこれと言うことはありません
海外のルシアーさんのものもアジア圏ヨーロッパ圏とも
完成度は高く十分に楽しめる出来だなと思いました。

どのギターが良い悪いはありません
個々人のこだわりや好みの問題だけでしょうから

その中で、おやじがです あくまでね
おやじがこれは!と思ったのがひらみつギターさんの1本

何が良いって、1弦から6弦までの鳴りに差がない
そして音が太い! で、3弦の出音に陰りがない

私個人の感覚ですが、弾かせて頂いたギターで
3弦の出音を聞いた瞬間に「ん」?と思わなかったのは
ひらみつさんのギターだけでした。

池ちゃんも ひらみつギター 今回はこれ一択やなと^^

まぁ、これも好みの問題ですからね

御大 かわせみさんも「ひらみつギター」いいなぁと

DSC09678.JPG

そして、ルシアーブースと後にショップのブースへ

こんかいは、弾いてみたいと思っていたギターと出会えましてね

ソロギを弾き始めた時にあこがれたKevin Ryan

実は以前に Bensusan Signature Modelは弾いたことがあったのだが

Grand Soloistの方は弾いたことがなく、こちらの動画を見て
なんちゅうすげーサウンドなんだ!と思った記憶があります。



そのモデルに出会いまして、早々、試奏させてもらえました。

DSC09682.JPG

動画でのサウンドとは少し違いましたが、その荘厳なサウンド
ライアンらしい和音の響きはやはり唯一無二でした

ちなみに池ちゃんの演奏でデジカメで動画撮ってみました
せっかくの音がわかりにくいですが雰囲気だけでも



ただ、これだけ主張のあるギターは弾きこなすのおやじには
難しい・・・ 万が一手にしても宝の持ち腐れになりそうです(;^ω^)
って、そのまえにお値段が・・・ そりゃソモジさんと比べれば
お買い得とは言え 小市民のおやじには・・・

でも、実際に弾く経験ができてよかったです
ワタナベ楽器さんに感謝m(__)m

今日はここまでです






posted by アラフィフおやじ at 13:22| Comment(6) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ