2020年02月26日

全くの初心者がギターを弾けるようになるまで その5「核心部分」 

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

いよいよコロナ難しい局面に入ってきましたね
自衛しろといってもどこまで?マスクもなく・・
愚痴をいっても仕方ないのですがね

今回はひろのことは横に置いて
本当の初心者さんがギターを弾ける(程度にもよるが)
ようになるまでに何が問題かを深堀してみます。

(上手く弾けなくてむくれるひろ)

IMG_20200209_152333.jpg


これはソロギを弾けるようになるのと
同じかもしれません。

SNSで見かける3日でギターは弾けるとか
ギターは簡単に弾けるとかを見かけますが
はっきり言ってそれは・・・と思うわけです

確かにコードフォームを2つ覚えたら
伴奏になって弾ける曲もあるじゃないか

ふむ、確かにハッピーバースデイの歌なら
CとG7あたりを覚えるとそれらしくなる

ほら!簡単だし3日もあれば弾けるじゃないか
なんて言われるとそうですが

実際に弾きたいのは今のシンガーソングライターの曲
だったりするわけで・・

例えばギター教室に通うのものなぁと思い
本屋で初心者向け教則本を買ってきても
きっと挫折することでしょう

それはコードフォームの説明の後にくる
「コードは覚えられましたか?では実際に曲を弾いてみましょう」
なんて文言に続くわけで、ちょっと待てと コードフォームは図解で
見て理解はできたけれど 例えば「C」を押さえてください
と言われて指板も見ずにさっと押さえられるかというと
そう簡単ではないですよね。

そうなんです、曲を弾こうと楽譜をみて
えっとこのコードフォームはこうだったかな
でジャラーンー 次えっと え?Gコードか えっと
こことここを押さえてジヤラーン

これ弾けるっていえるのか?
とてもじゃないけど・・・

最初のうちはそれでも覚えようと頑張る
でもね、いつまでたってもジャラーン、えっと次が・・・
から抜け出せない、だんだん嫌になる、そのうちギターも
ケースから出さなくなる、いつのまにか辞める
この挫折パターンに陥るひとが多いのでは?

ギターを弾けるようにになるには「コツ」があります

コードフォームを手癖にすることが「コツ」なのです

楽譜が読めることでも音楽理論をしることでもなく
もうここは意地で体に覚えこませること
え?それって根性論?っていわれそうですが(;^ω^)

で、どれくらい練習したら覚えられるってですか?

それはもう手癖になるまで基本のメジャーコードと
マイナーコードを箸でご飯を食べるがごとくまで
覚えこませるしかないのです

これがどれくらい掛かるかはその人の練習量に比例するでしょう
毎日時間を気にせずずっと弾けるなんて人(学生さんとか?)なら
数週間でおぼえられるかもしれませんが、もし社会人なら毎日練習
なんて難しくなる、日に5分10分 それも難しい
結局週末に数時間 なんてことになると覚えるまで
何か月も掛かるそれまで我慢できますか?

つまりこのコツを身に着けるにはやはり第三者が要るわけです

コードフォームをそれこそ2つ覚えて弾ける曲から初めて
小さな達成感を積みかさねながら3つ4つと覚えて
それでも日々練習しないと忘れるので毎日ギターを触ることを
後押しする方法(ギターはケースにしまわないとか)を考えて
モチベーションが下がらないようにフォローしてあげないと
挫折してしまうほどギターって簡単ではないと思うのです。

ギター教室はそういう意味で第三者(指導者)がいて
毎回次までに宿題が出てそれをこなすことで上達する図式
ですが、先回も書きましたが教室以外でどれだけ練習したかが
全てで教室に通っているから弾けるようになるわけではありません。

ギターが弾けるようになるにはC D Em F G Am Bと
基本フォームを手癖でなにも考えずに指を指板の上におけるまで
くりかえし覚えこませる以外にありません。

コードフォームが手癖になるまで地道な練習が
続けられるか それこそが「核心部分」だけれど
初心者の人にとってハードルは高い のかな?^^


続く


すみません、愚痴みたいな内容でm(__)m














posted by アラフィフおやじ at 12:06| Comment(0) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

全くの初心者がギターを弾けるようになるまで その4

ソロギすきのみなさん
こんにちは、おやじです

ってソロギの話でないのでスミマセン
今回はその4

IMG_7734.JPG

とりあえず、コードフォームを教えてから
約2週間その間このコードが押さえられないとか
音が綺麗にならないとかのメールがやってくる
結構熱心なんだなとその時は思っていた

一般的にまったくの初心者さんが
週一ペースのギター教室に通っている程度で
ギターを弾けるまでにはどれくらいかかる?

私見で申し訳ないけれど習いに行ってるから
ギターを弾けるようになるとは限らない
半年一年たっても弾けない人もいるかもしれない。

習った後自分でどれだけ練習できるかが
弾けるかどうかのカギを握っていると思う。

何を基準に弾けるかが問題だが
コードフォームを覚えて
キチンと音を鳴らせるレベルで2,3か月
俗にいうバレーコードで苦戦される人も多いか。

1曲を通しで弾けるようになるのに4か月
ストロークをきちんとできるように覚えないといけないし
(童謡や唱歌あたりだともう少し早いかな)

ましてや歌を歌いながら弾けるようになるのに半年
さすがにこれくらいは掛かるのが平均的かもしれない。

先回のレッスン会から約2週間後、貸付のギターを背負って
練習にやってきたひろ(写真は貸付のギターとは別ですが)
どれくらいコードフォームを覚えて
弾けるようになったのかと早速弾いてもらうと

あれ?そのフォームまだ教えてなかったよねと

そう、「ヒロイン」という曲出だしの1小節目に
Bmというバレーコードが出てくる。
バレーコードは苦戦する人が多いのだがな

そのフォームどうやって覚えた?

調べたらでてきたヨ・・と

どうやらネットで調べて覚えたらしい

しかし不思議なのがバレーコードを押さえらるのに
Dコードは苦戦してる
一方Gコード1弦小指はかなり良い感じになって
押さえている。

どれくらい練習した?と聞くと
毎日ひたすら指が痛くなるまでやった

若さと毎日の練習がなせる業か
すごいな若さと集中力

これが学生ならまだしも社会人として
昼間は仕事をして帰宅後の時間で
練習するのだだから尚更だ

この日思い通りに弾けるまでにいたらず
意地になって練習していた

コードフォームをおぼえるより
コードチェンジで音を切らさず弾きこなす方が
はるかに難しい

ここまで約1か月 個人的にはかなりの
ハイペースだと思うのだが
本人はご不満の様子

帰り際にもなんで押さえられないのやろう?と
悔しがっている 

本気で弾けるようになりたい人は
モチベーションがすごい
その熱量に圧倒される

続く











posted by アラフィフおやじ at 12:01| Comment(2) | 演奏について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

全くの初心者がギターを弾けるようになるまで その3

ソロギすきのみなさん
こんにちはおやじです

このシリーズ底なしですが
良ければお付き合いくださいm(__)m

昨日はひろの友達のさきちゃんもやってきての
練習会でした。

さきちゃんは爪を切る気はないってことで
ウクレレを練習してもらいました。

ウクレレはギターよりも難易度が低いので
半日でスケールとCとG7とFのコードを覚えて
曲を弾けるまでになり、楽しい〜とニコニコ顔

楽器に興味をもってくれるのは嬉しいことで
またいつかギターを弾こうと思うことも

ん〜それはないか(笑

IMG_8147.JPG


次の練習会の時にはすっかり爪を短くしてきたひろは
私弾きたい曲があるんですと言ってスマホを見せてくれた

昔は弾きたい曲の楽譜集などを楽器店なり書店で
買ってきてそれを見ながら弾いたものだが
最近はスマホでサクッと検索したら無料でコード譜を
みることができる、便利な時代になったものだ


弾きたい曲というのがBackNmberの「ヒロイン」という曲



最初はサビの部分だけを見せられたのでそこだけコード譜を見て
C-D-G-Emと展開しているのでそれぞれのコード譜の押さえ方を
教えてみるが・・・

まともに押さえられたのEmだけ

Cコードは難易度は低いと勝手に思っていたが以外に2弦が押さえられず
Dコードも2弦で苦戦 Gコードに至っては1弦を薬指で押さえていたので
そこは小指でとなるとこれまた苦戦

あらら、そうか、最初はそんなものかもしれない
バレーコード以外はそんなに難しくないと思ったのは
完全に思い過ごしだった。

それから指先のフォームと手首と肘の関係など
実際に一番しっくりくる押さえ方を覚えたもらった。

もちろんこの時は指板を見て押さえる位置を確認しながら
だからついギターを寝かせて指板を見えるようにずらしてしまう。

ギターを少し傾けて構えてもダメではないが
出来るだけ立てて構えらえるようにと話す。
これは将来立って歌うとなるとギターは寝かせないからだ

この日はとりあえずこの4つのコードを覚えてしまうことを
次回までの課題として練習会を終える

最後に毎日少しでもいいからギターに触ること
週末だけ何時間も練習するというパターンより
毎日10分でもいいので触ることを勧めた

そういいながら、そこまで熱心にできるものでもないか
と期待薄で話したのだが・・・なんと次の練習会の時に!

続く




posted by アラフィフおやじ at 13:11| Comment(10) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ